エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

美味しいアスパラの見分け方2



明けまして、おめでとうございます


今年は、楽天出店2年目、さらにお客様の満足度向上目指して、頑張っていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

思い返せば、1年前は、まだJAへの共同出荷からの離脱が、認められておらず
楽天への出店も、決定していませんでした。

それが、1月下旬に、自分で売ることが認められ、楽天への出店も決定
それから全てのスタ-トでした。

アスパラの農作業とともに、ペ-ジ作成も何も分からぬまま
2月下旬の、開店に・・・

本当に、たくさんの人々のおかげで、ここまで来れたと思っています。

まずは、昨年以上の、美味しいアスパラに向け、頑張っていきたいと思っています。

さて、本日は「美味しいアスパラの見分け方2」です001.gif

f0186462_20505057.jpg

上の画像は、春のアスパラの萌芽の様子です。

全て、いい具合に萌芽しています。
はかまも全て等間隔、はかまの形も申し分ありません。

これ収穫体験などの際には、説明するんですが
きれいに、そして、素直に「すっと、伸びているもの」がいいアスパラですね。
美味しい野菜というのは、すべからく「たたずまい」がきれいです。

ですから、もし、新鮮な野菜を選ぶ機会があれば、たたずまいがきれいなものを
選んだほうがいいですね。

また、糖度の高い、中身がつまった野菜というのは、同じ体積でも
重いものです。アスパラも、糖度の高いものは、絶対に重い。
これ、原則です。

ですから、重いものを選ぶというのも鉄則です。

でも、このあたりは、比較する対象を持っている生産者だから
いえることかもしれませんね。

春のアスパラは、根っこの養分で、萌芽してきます。
春のシ-ズン(1ヶ月前後)という、比較的長期の傾向では
養分は、減少してきます。

ですから、出て来るアスパラの質も、長期的には低下のトレンドです。

でも、収穫開始5日目のほうが、10日目よりいいとは限りません。

夜の気温によっても大きく左右されますし、いっせいに萌芽
(上の写真のように)したあとは、必ず、疲れますので、温度を少しセ-ブして
休ませることも必要です。

また、株によって、リズムも違いますので、収穫時にアスパラと対話しながら
美味しいアスパラを出す管理を行います。

特に春は、気温の変動が大きい時期ですから、アスパラの出具合も
収穫に入って、初めて分かるということもしばしばです。

まるで、株式相場と同じです。
長期的には、株価が下がるにしても、日々の値動きは上げたり下げたりを繰り返しますね。
それと同じようなものです。

収穫開始後、地温が適温に安定して、あまり日数が経過していないときに、
冷え込みが来て萌芽量が減る(アスパラが休めます)
その2~3日後に、生暖かいような夜の次の日、
(できれば前日の17時頃まで晴れ、夜は曇り、朝7時頃からまた晴れる)
このような条件が、ベストな条件です。

そのような朝に収穫したものは、本当にきれいです。

出来れば、そのような日に、数多くお届けしたいなあと思います。
アスパラの販売では「天候に左右される作物なので、発送日指定は出来ません」
ということが、書いてあることが多いですね。

指定をいただいても、冷え込んだりすると、量が足りなかったりします。
(事前に、一定量をプ-ルすれば可能ですが。)
そういう意味で、配達日指定不可なんです。

さらに、私のところだけかもしれませんが、もう一歩進んで言わせていただくと、
時間指定だけで(これも出来れば、夕方以降のほうがいいですね。
一日早くお届けできますので。)
配達日指定は、無いほうが、いいものをお送りできる可能性が高いです。

「今日は、寒さや、アスパラの疲れでよくなかったけれど、
2~3日後はいいものがでるのではないか」
というようなことがあるんですね。
配達指定がなければ、特にいい日のものだけを、選んで、発送することも出来ます。
(発送しなかったものは、全て、卸売市場に持っていきます。)

まあ、上記のような質の差は、毎日収穫しているものしか
また、気にかけている生産者しか、分からない微妙な差かもしれません。

でも、食べてみれば、「雑味がない」「えぐみがない」などで、必ずお分かりになると思います。

以上のようなことは、一回体験でも来ていただけると、すぐに分かりますので
機会があれば、ぜひ遊びに来てみてください。

また、春のシ-ズンを通して、「これは出荷したくないなあ」と思える
最高のアスパラが収穫できるときがあります。
(世界一を決めるようなコンテストがあれば、出したいなあというレベルですが)

春のシ-ズン中でも、10キロあるかないかです。(全体では大体、春3トンくらい収穫します)

様々な要素に左右されますので、必ずでるとも限りませんし、いつ、どのくらい出るかもわかりません。
場合によっては、出ないかもしれません。

でも、最高に大切な方へのギフト用として、販売できればと思っています。
その代わり、注文をいただいても、発送できるかどうか、また、いつ送れるかどうかも分からない
というような、こちら側の、超わがままな、商品になってしまいますが・・・

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/10037537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2009-01-01 20:53 | アスパラ栽培 | Trackback