エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

アスパラジェラ-ト凍結です


本日のアスパラの状況です。

asupara08.jpg

かなり重症です
何でこういう風になったのか、まったく不明ですが
春のアスパラを極限まで採り尽くしてしまったかのような
あるいは、どのハウスも全面、土壌に障害が起こったか?

どちらもまったく、身に覚えが無い
(むしろ、ほとんど採っていないし、堆肥も肥料も従来よりも良質のものを
使用しています)ので、不思議なのですが

とにかく、こうなったら、細いものでも、立てて早く光合成させ
元気をつける、その後、少しずつ太いものに更新していくしか
方法はありません。

ですので、規格外のものも立茎しますし、しばらくは収穫不能です。

したがって、予定していたアスパラジェラ-ト、開発凍結です。
美味しいアスパラをふんだんに使えるから、作ろうと思っていましたが
少なくとも、一年間は無理そうなので・・・

ホワイトもグリ-ンも美味しかったのですが・・・
来年以降、できれば再チャレンジしたいと思います。
待っていてくださいね


roji05.jpg

露地畑、苗を買ってきて、急ぎ植え始めています。
ミニトマト、ナス、万願寺とうがらしなど、本日はハ-ブの苗も買ってきました。
いずれ種から育てることになりますが、すぐにでも大きくしないといけないので

roji07.jpg

お得意の?青梗菜・小松菜・ラディッシュなども芽を出し始めました
実は、これらの野菜、誰が作っても簡単なのです(笑)

青梗菜たっぷりの(笑)野菜セット作りますので、よろしくお願いします

正直言って、ハウスに入ると、アスパラの悲鳴が聞こえてきそうで、激しく落ち込むのですが
こうして、外で作業をしていると、和みます。

今アスパラは、重篤の患者なので、とりあえず見守るしかありません。

roji06.jpg

いろんなことを考え、露地でもアスパラを植えてみました
やっぱりアスパラはいいですね
好きなんでしょうね。本当はもう少し大きくなってから植えたほうがいいのですが
「早く大きくなれよ!」と、声をかけながら植えていると、ハウスに小さな苗を
植えた、6年前を思いだします。

友人からもメ-ルをもらいました。
「柔らかくてスジの感じない、ちょっと甘いアスパラなら細くてもいいのでは?」と
確かに「世界一の美味しさ」だの「できるだけ太いものを」だの
気負いすぎていたかもしれません。

安全で、新鮮でみずみずしく、ちょっと美味しいアスパラなら多少細くても
いいのではないか?他のアスパラのほうが美味しければ、それはそれでいいじゃないか?
と思い始めました。

実は、先日のエシャロット(食べて見ましたが、美味しいです)と
イタパセ、ニラなど、絹サヤ好きの知人にお送りしました。

とても喜ばれ、楽しい夕食だったそうです。

その方のメ-ルには「美味しさだけでなく、楽しい時間を有難うございました」
とありました。
こういった、ほのぼのとしたところを忘れていたのかもしれませんね。

もう少し肩から力を抜いて、原点に戻れと、アスパラが教えてくれたんだと思います。
教えてくれた、アスパラ、必ず元気にしてやろうと思います


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/10862695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2009-04-20 22:37 | アスパラ栽培 | Trackback