エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

異常渇水!


異常渇水です
本当に、半月以上雨が降っていません。

今年はそもそも、空梅雨だった上に、台風も来ていないので
貯水率が、かなりやばいところまで来ているそうです。
時間断水も、視野に入ってきたとか・・・・

それよりも気になるのが、ハウスの潅水です。
近くにある、農業用のダムから潅水パイプが来ており、そこから引いているんですね。
それが断水となると、致命的です
今年の収穫はもちろんのこと、来年春の収穫も、秋以降の生育と
館推量が大きく左右しますので、困ったものです。

ダムの貯水率も、三分の一を切ったらしい
まだしばらくは雨の予報は有りませんので・・・

空を仰いで、雨が降ることを祈った、太古の昔から
あまり変わっていないんですね。
野菜工場のような馬鹿げた(と思う)ものが有りますが
結局、野菜ひとつ作るのも、自然の力次第です。

もっと自然を大切にしなければ、大変なことになるのではないかと思います。
(もうかなり、手遅れに思いますが)

と嘆いていても仕方がないので

ine01.jpg

イネの花が咲きました

ine02.jpg

今のところ、頗る順調です
10月中旬に、稲刈りの予定ですので、11月の野菜おまかせセットには
新米を少しお入れできますよ~

その頃なら、新米の、吹上の塩で漬けた、コカブの朝漬け
これが最高ですね
多分、ミシュランも知らない、至福の味です。

asupara01.jpg

現在のハウス内の様子です。
病気は出ているものの、広がってはいません。
ただ、夏の高温期には、逆に病気は広がりません。
アスパラも弱るものの、病原菌も弱るのでしょう。

病気が広がるのは、20~25度の温度帯なので
10月中旬まで、気は抜けません。
いったん広がると、2週間で、枯れてしまいます。

asuparatane.jpg

ところで、お送り始めた、アスパラの種、このようになっています。
この赤い実のなかに、種が5~6個入っています。

届きましたら、ポリポットかプランタ-に種を撒いてください。

asuparanae01.jpg

これは、うちのハウスの定植時の様子です。
今から種を撒いて、来年の5月頃には、もう少し大きい苗になっているはずです。

赤い実から、種を取り出して、一粒ずつ撒いてもらってもいいし
赤い実のまま、埋め込んでもかまいません。
後者の場合、あとで、一株ずつほぐす必要が有りますが
発芽自体は、この方が容易です。

土は、ホ-ムセンタ-に売っている、普通の土でOKです。
種は、2~3センチの深さで、地温は今の時期なら、そのままで保温の必要は有りません。

発芽した後の様子など、また写真をアップしたいと思います。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/11805573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2009-08-26 00:26 | アスパラ栽培 | Trackback