エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

ス-パ-雑草


駅伝、かなり盛り上がったんでしょうね
ご注文が急に来ましたので、サンクスメ-ルを書いていたら
こんな時間に、更新に

まだ少し残っていますが、残りは明朝にしました。

昨日書いた、「ス-パ-雑草」お問合せ?いただきましたので
ここで少し、補足です。

除草剤が効かない雑草、それも、繁殖力がやたらに強い雑草が、急拡大しているらしいです。
日本でも、はたまた、アメリカなどでも・・・

病原菌でも、耐性がついたものが出てきますし、害虫でも同じことです。
ですから、雑草自体に、人間の肝臓のような、解毒機能らしきものまで
備えたものも出始めていると聞いても、驚く程のことはありません。

雑草も、生き残るためには必死で進化するでしょうから

でも、驚いたのが2つ

ひとつは、番組で紹介されていた雑草が、例の「ピ-」そっくりなんです。
なるほど、「ピ-」の繁殖力たるや凄いです

もうひとつは、「アメリカで」ということなんですね。

これは大変ですよ~

中野区や、杉並区と同じ面積くらい耕作する農家がザラですから
これはもう、手で雑草などとっていられません。

除草剤でも、作物を避けて、散布するなんてことも出来ないでしょう。

ですから、今の穀物価格は、遺伝子組み換え作物と除草剤が前提なんですね。
これを昔のように、戻すとなると(戻せませんが)
生産性は、何十分の一でしょう。
ただでさえ、食糧危機が叫ばれているのに、本当に奪い合いになるのではないでしょうか?

ちなみに、遺伝子組み換えというのも、害虫や病気に対して抵抗力をつけるためというのもありますが
もっとも大きい目的は、除草剤でも枯れない。
すなわち、作物が植わっている上から、除草剤をかけると、雑草だけが枯れて
作物はびくともしないということなんですね。

これ、野菜を育てたことのない人には、理解しづらいかもしれませんが
画期的なことですね

物理的に手で取るというのも、ネコの額ほどなら出来ますが
2000平米を超すと、まず不可能です。

除草というのは、シ-ズン中、エンドレスな作業ですから
2~3人で、毎日6時間くらいやって、これが限界ですね。
もっとも他の作業もありますから、4~5人は必要になってくる。

うちの露地畑が、これよりも少し多いです。
だから、雨が少なく雑草が育たない今年の夏でも
結局は、雑草に負けてしまっています

次に、作物を避けて、除草剤をかける方法ですが
これも、1町(10000平米)くらいが限度でしょう。

その次が、作物も含めて、全部に除草剤をかける方法です。

こちらでは、焼酎用のカライモなどは、10町くらいはザラですから
皆さん、この方法です。
でも、普通の濃度だと全て枯れてしまうので、薄くしたり
まくときのタイミングなど、これが個々人のノウハウなんですね。
それでも、生育はストップしてしまう。

でも雑草がはびこると、イモは採れないので
リスクを冒しても、しなくちゃならない。

アメリカなんかなら、この比ではありませんから、どうしても
除草剤の全面散布しか、方法はありません。
除草剤と、除草剤でも枯れない遺伝子組み換えの作物
この組み合わせで、安くて、一定の品質の穀物なんかが、飛躍的に
出来るようになったんですね。
だから、これができないということになると
大変なことになりますよ

ちなみに、遺伝子組み換えでない大豆を使いましたという
食品が氾濫していますが、そんなに遺伝子組み換えでない大豆が
あるのか?といつも疑問に思います。

国内でも、水田にはびこっているらしいですね。
除草剤が効かないとなると、稲作も大変です。

前にも書きましたが、田んぼの中の草取りは、とんでもなく
重労働です。
高齢の方に、させていいような仕事ではありません。
20代の若者でも、一日すれば、音を上げるような重労働です。

あたかも、50キロの通勤を、毎日徒歩で通いなさいみたいなものです。
「じゃあ、これをきっかけに、仕事辞めるは」ということになりますよね。
もっとも中には、やる人もいるかもしれませんが・・・

「除草剤を使うなんて、自然の摂理に反している。
自ら招いた、ことだ」と、論評するのは簡単ですが
異常気象と同じくらい、大変な事態だと思います。

いきなり、今日のワンコです

koinu08.jpg

歯が生えてきたので、いろんなものを噛んだりしています。
こうして、家が破壊されていきます。

koinu09.jpg

このクロが、一番好奇心旺盛なようです。
ぴょんこぴょんこ、走り回ります。
可愛いです

koinu10.jpg

koinu11.jpg

この、まだらはオスなんですが、臆病です。
いつも、困ったような顔をしています。

koinu12.jpg

この、茶は甘えん坊です。

生まれつきの性格って、あるんですね。


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/11904077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2009-09-10 04:20 | 野菜栽培 | Trackback