エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

秋野菜の準備、着々デス!


田んぼがかなり色ついてきました

tannbo03.jpg

10月中旬に稲刈りらしいです
自分で作っていて「らしい」というのもおかしな話ですが
ほとんど作ったことのない作物は、やっぱり分かりません

ともあれ、それなりに美味しい米ができそうです。
前にも書いたように、特別栽培米になるとのことです。
減農薬・減化学肥料というやつですね。

自分で食べるので、慣行栽培であろうと、減農薬であろうと
どうでもいいのですが・・・

ところで、秋野菜、やっと双葉が出揃ってきました。
予定よりも、約1ヶ月遅れています。

普通に秋のあるところで、秋に1ヶ月遅れると
まともなものが出来ません。
例えば、埼玉だと、木枯らし一号が吹くと、葉物の成長はパタッと止まります。

白菜なんかは、はじめに大きな葉っぱを数枚確保しないと
その後に光合成の量が少なく、結球しないんですね。
ですから、ある程度早めに成長させないとダメなんです。
また、あまり早く蒔くと、今度は虫にやられてしまう。
ですから、秋野菜の定植時期は、2~3週間の間に行わないといけないんですね。

ところが、こちらでは、10~12月は、秋のような天候が続きますので
その分余裕があります。
以前、白菜を12月に蒔きましたが、2月にきちんと白菜になった

その代わり、春は早いですから、1月以降はとう立ちに気をつける必要が有ります。

まだ雨は降りませんが、来週前半に雨が降りそうなので、大いに期待です

ところで、今栽培しているものは、小松菜、ダイコン(青首・赤)、ゴボウ(大浦)、ネギ(九条・下仁田)
ニラ、ニンニク、レタス(カステルフランコ・ロメイン・丸)、キャベツ(サボイ・赤・黒)、ルッコラ(セルバティカ)
イタリアンパセリ、インゲン、オクラ、カブ(赤・白)、ナス、カボチャ、白菜
ジャガイモ、ニンジン(金時・ピッコロ)、ブロッコリ-(ロマネスコ)、ラディッシュ
エシャロット、アスパラ菜、わさび菜、エンツアイ、青梗菜などです。

これからは特に、害虫がないときですし、かまってはいられませんので
今までどおり、農薬はゼロです。
肥料も、堆肥と発酵鶏糞のみです。
まったく、手抜き栽培ですね
天候さえ良ければ、いいものが出来るのではないかと思います。

2月からは、昨年と同じように、ダイコンやカブ、白菜のつぼみを
お入れするつもりです。
大好評だった、ルッコラのつぼみも・・・

なんだかんだで、もうこんな時期になって来ました。
本当に一年は、早いものです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/11999150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2009-09-25 00:28 | 野菜栽培 | Trackback