エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

ますます白くなります!


明日から、雨の予報が、またまた一日ずれてしまいました

鹿児島北部に、藺牟田(いむた)池という、湖みたいなところが有るのですが
そこが干上がったみたいで、大変な騒ぎになっているそうです。
畑潅の水も、若干水圧が下がってきています。

農業用水なので、できるだけ給水は止めたくないでしょうから
水圧を下げて、できるだけ給水量を絞っているようです。

それでも、畑潅が有るだけましなほうで、まったくないところは
お手上げ状態みたいです。

今年は、春から試練続きですが、
やっぱり平穏で年が終わることはなさそうですね

ところで、雨は降って欲しいのですが
日照がなくなると、アスパラがかなり白くなりそうです。

asupara07.jpg

というのも、ここまで茂ってきているんですね
上は2メ-トル近くまで高くなっています。

9月中旬までなら、適宜刈り込んでいきます。
通風が悪いと、蒸れたりして病気の原因になります。
また、体が大きいと、その分呼吸消耗も激しく、昼間稼いだ養分を
体の維持に使ってしまうんです。
このあたり、人間と同じですね。

でも、これからは、夜間の気温が低いため、あまり呼吸で消耗しません。

逆に刈り込むことによる、デメリットのほうが大きくなります。
葉っぱを刈ると、やはり弱ります。
その上、切り口から病原菌が入ったりして、病気が広がることも有ります。

この時点で、枯れ始めると、立茎しなおすことも出来ませんし
打つ手が有りません。

また、10月下旬ころからでしょうか?
萌芽しなくなってからは、葉っぱや茎にいったん光合成した養分を
貯め込むんですね。
ということは、地上部が大きいほうが、貯め込める養分は多いということになります。

ですから、もうこの時期からは、できるだけ手をくわえずに
そっと見守るような、管理に移行していきます。

ですから、かなりジャングルのようになってきているわけなんです。

晴れていれば、まだ、木漏れ日のような光が差し込みますが
雨でも降って暗いと、まったく白いままのアスパラになってしまいます。

出来れば、こういった日のアスパラは極力、発送しないようにしますが
徐々に白っぽくはなりますので、その点、ご了承ください

昨日、アスパラを追加しましたが、今後の追加は、多分1~2回で終了かと思います。
(地温によって、変わります。地温20度を下回ると、出てこなくなります。)

例年、10月20日頃にその時期が訪れます。

今年は、潅水できるかどうかもかかわってきます。
(潅水できないと、休眠に入ります)
なんともいえないところですが、100セットや200セットも追加できないことは
確かですので、お見逃しなく、お願いいたします。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/12018879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2009-09-28 01:25 | アスパラ栽培 | Trackback