エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

いよいよ、明日からです!


いよいよ、明日は降りそうです
予報では弱雨ですが、洪水警報が出るくらい、2日でも3日でも降り続いて
欲しいところです。
もう乾ききって、焼け石状態ですから

そうそう、昨日書いた藺牟田池、大変な騒ぎというのは
ここに、希少生物(絶滅危惧種か?)のベッコウトンボというのが生息している
とのことなんですね。
その、羽化に悪影響があるということで大騒ぎなんですね。
書き忘れましたので、補足でした

これから3月ころまでは雨の少ない時期になりますので
出来れば、今までの反動で、大量の雨を期待したいところです。

nira01.jpg

連日、水をまいている甲斐有って、ニラが元気になってきました
今植わっているニラのほかにも、4月からハウスの中で苗を作っています。
予定では、8月に定植、9月中旬からは、先に植わっていたニラをお届けできる予定でした。

湿ってくれれば、肥料分も効いてきますし、急速に大きくなるかも知れません。
もしかすると、ラディッシュよりも早いかも知れません。

今のニラも、肉厚でおいしいですが、もっともおいしいのは春です
気温が下がってきて、新葉が出なくなり、根っこに光合成の養分を貯め始めます。
その養分で出てくるニラは、ことのほか甘いです。
かじると、まるで、ジュ-スですよ

これ、何かに似てますね
そうですアスパラと同じ、ユリ科なんです。
根っこもよく似ています。
アスパラ共々、ぜひ感動していただきたいと思っています。

ninnjinn01.jpg

この乾燥の中、ニンジンが発芽し始めましたところで、ニンジンやダイコンなどの場合、本来は、トラクタ-で何度もロ-タリ-をかけ、肥料を振り、植え付け前には、除草剤と、土壌消毒を施すのが当たり前のプロの作り方です。

ネマトリンやテロン、ソイリ-ンといったけっこうきつい薬も使うんですね。
これによって、土壌に起因する病害虫を防ぎ、きちんと収穫できるようになります。
それでも、秀品率は8割かそんなものでしょうか?

一方、無農薬でするには、太陽熱消毒など、涙ぐましい作業が有ります。
ですので、そんなに大面積では絶対作れません。
大面積・単一作物の無農薬栽培、そんなのは見たことがありません。

私自身は、農薬はそんなに怖いものとは思っていませんので
農薬をかけてきれいに作るもよしと思っています。

ただ、トラクタ-も持っていませんし、土壌消毒の機械も持っていません。
また、栽培規準どおり作ると、農薬代や肥料代がバカ高く、
今の何十倍くらいの面積で作らないと、ペイしません

それは目指していないので、必然的に無農薬というか、「上手くできればいいね」
的な栽培になってしまいます。
ただ、手間をかけて作る以上は、美味しくないと嫌なので、そこのところは
こだわり?ます。
ですから、やっぱり、素人が家庭菜園をしているようなものなんですね。
ともあれ、明日からの雨に、とにかく期待です

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/12025681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2009-09-29 01:58 | 野菜栽培 | Trackback