エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

風速40メ-トル


今日も朝から台風対策です
大隅半島の沖を通過するので、さほど影響は無いと安心はしていましたが
一応は、やっていかないといけません。

taifuu02.jpg

このような雨の中、作業をします。
今回は、それほど急ぐ必要もなかったので
のんびり行っています。

taifuu05.jpg

ビニ-ルをこのようなスプリングで留めていきます。
硬い金具なので、指先が痛くなります。
今回は。200本程度の固定で済みました。

ハウスに使用しているビニ-ルは、0.15ミリという、強度は最高に近いものです。
大の大人が、2人して、引きちぎろうとしても破れません。

それが、風でばたつくと、いとも簡単に破れてしまいます。
そこから風が入ると、突風が入ることにより、ハウス全体が破れてしまいます。

うちのハウスは、設計値では、風速55メ-トルまで耐えられるということになっています。
ですから、このような厚いビニ-ルが使用できますが、小型のハウスでは
もっと薄いものしか使えません。
ビニ-ルが破れることによって、ハウスの骨組みを守るようになっているんですね。

ちなみに、台風では、ある程度の風までは、ハウスを密封して耐えますが
それ以上の風が吹くことが予想される場合は、ビニ-ルを巻き上げたり、
台風のさなかに、ビニ-ルを敢えて破ったりして(カッタ-などで)
ハウス自体を守ろうとします。

もちろん、中の作物は損傷を受けます。

アスパラの場合には、ハウスが守られても、作物が損傷を受けると
数年間、収入がなくなりますので、最後まで密封するのが
常識になっています。

taifuu01.jpg

taifuu03.jpg

ハウスを守るための、強い味方です
換気扇なんですが、これを回して、ハウス内を負圧にし、ビニ-ルをピタッと
固定してしまいます。

これは本当に強力です。

taifuu04.jpg

ピタッとくっついているのがわかるでしょうか?

換気扇がなければ、この状態で、スプリングでとめていないところは
膨らんだりします。

しかし、この換気扇にも弱点が2つ有ります。
ひとつは、一部でも穴が開いてしまえば、中は負圧にはなりません。
ですので、ビニ-ルが古くなってきたりして、穴が開いたりしていると
効き目が有りません。
2つ目は、電気で回しますので、台風につき物の停電が有ると
まったく役に立ちません。

停電というのも、首都圏などでは、数十秒後に復旧するのが当たりまえですが
こちらでは一日近く停電ということも有ります。

ですから、もう来るとなったら、発電機(屋台などで使っているあれです)
をレンタルしてきて、発電機に切り替えておきます。

この発電機も、ガソリンで動きますので、なくなれば止まります。
そこで、なくなるだろうなあという時刻を予測しながら
ガソリンを補給しに行きます。
台風が遅く、もっとも風の強いときなどには、車で走っていけませんから
その前に、補給しに行ったりと、予測しながらの作業です。
夜間に、行かなければならないこともあります。

また、台風襲来時には、発電機の需要が多いですから
かなり早くから借りなければならないこともあるんですね。
これも、けっこう大変な仕事です。

うちの場合は、東シナ海側を北上すると最悪のコ-スになりますので
そのような祭には、予報を見ながら、どのくらいまでの対策をするか
決定して、すばやく動きます。

数年前に、アスパラを定植した年には、3回直撃を食らいました。
直撃ではなかったものも含めて、6回対策を行ったときには
情けなくなりました

週末ごとに、襲来しましたし、そのときには、換気扇も設置していなかったので
スプリングを2000本以上留めるんですね。
これに、1日半かかります。
台風が行ってしまうと、すぐに開けないと、高温になりますので、夜明け前からはずします。

そして、またその2日後には、同じことの繰り返し・・・・

それでも、対策のしようの無い部分が、2回破れました。
そのときには、隣町で風速40メ-トルを、記録しています。

スプリングも吹き飛ばされたりするので、途中で、何回も見に行って
留めなおしたりしましたが、このくらいの風になると凄まじいものです
本当に生命の危険を感じます。

ちなみに、こちらでは昔、完成したばかりの体育館の屋根が吹き飛ばされたりとか
高圧電線の鉄塔が、数十本、倒れたとか、60メ-トルまで記録できる航空自衛隊の
風速計が振り切ったとか有るらしいところですから、
今後も、何が有るかわかりません。

ところで、台風の進路予想で最も頼りにしているものは
気象庁発表のそれではなく、米海軍の予報なんですね。
これはほぼ正確に、当たります。
デ-タの量と、金の賭け方が違うんでしょうか?

こちらでは、関係者が頼りにするのは、それなんですね。

その予報によると、志摩半島をかすめ、仙台を通過するコ-スです。
スピ-ドが上がっているようなので、さっと通り過ぎてくれることを祈っています。


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/12082754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2009-10-08 00:15 | アスパラ栽培 | Trackback