エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

アスパラの冬支度


アスパラの黄化がようやく始まりました

asupara01.jpgasupara02.jpg

病気などで枯れた色ではなく、きれいな銀杏色になっていきます。
葉っぱや、茎に貯蔵している養分を、おろし始めましたよ~という合図なんですね。

すべてが銀杏色になり、その後、乾燥して枯れたら、今年のシ-ズンの仕事は
全て終了です。

今は、9割がた終わったというところでしょうか
今からは、全て銀杏色にきれいに黄色かさせるという仕事があります。

これの成功如何で、来春のアスパラが全て決まってしまいます。

今のところ、ほぼ成功です
今年の4月頃の状況では、12月の今は、すでに病気で茶色く枯れてしまっているという
可能性が、80%くらいでしたので、本当に、今年の気候に助けられました。

ただ、細い茎が多いので、その点が心配なのですが・・・

初年度も、細い茎しか立っていなかったけれども
次の年の春は、とんでもない出方をしました

asupara03.jpg

普通は一株から、多くても2~3本ずつでてくるものなんですが
このときは、10~20本くらいでてしまいました。

それだけ元気がよかったのですが、果たして来年は
と、心配の種はつきません。

まあ、できるだけのことをやりきって、後は運を天に任せるしか
無いですよね。

黄化が本格的に始まりましたので、継続してどんどん冷え込んで欲しいところですが
今日も、まるで春の様相です。

やはり、今年の天候は、最後まで気を抜かせてはくれませんね

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/12458540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2009-12-08 22:42 | アスパラ栽培 | Trackback