エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

箱を大きくします!


先週の水曜日は、暴風雪
その後は、晴れてすごい冷え込み、そして昨日は、4月の陽気です

こりゃ、今年も思いやられそうな天気です。
ところで、野菜セットの収穫発送は、少しずつ(本当に少しですが)
増えてきています。
本日は、5件の発送です。

明日もそのくらい発送できるかなあというところです。

ようやく、12月の25日くらいに一回目をお送りした方に、2回目の発送というところに来ています。

今の予報を見る限りでは、このまま順調に、少しずつ増えそうです。

ただ、やはり昨日の暖かさというか、その前の冷え込みなんでしょう
葉物が、とう立ちする気配が見えてきました。

小松菜などの葉物や、ダイコン、白菜などの冬野菜は全て
「成長のあるステ-ジで」「一定期間低温に遭遇し」「その後、気温や地温が上昇する」
ことによって、とう立ちし、つぼみをつけるんです。

とう立ちの兆候は、葉っぱを見れば分かります。
光沢がなくなってきます。

どうやら、もうその心配をしなければいけない時期になってきたようです。
自宅の庭の、梅の木もいっせいに花が咲き始めましたし
今年の春は、早いかもしれません。

このようなことがありますので、2月下旬以降、春に出回るキャベツや白菜、小松菜、ダイコンなどは
ハウスや、トンネル栽培になるんですね。

トンネルやハウスの加温によって、成長を早めるというよりも
この時期はむしろ、低温に遭遇させないために、加温する意味合いが大きいです。
もっとも、冬野菜は、寒さにあわないと、味が乗りませんし
難しいところです。

rukkora01.jpg

ルッコラはもう完全に、とう立ちです。
まだ数個しかないので、お入れできていませんが
もう少し増えると、ルッコラのつぼみをお入れします。
これは葉っぱよりも、鮮烈な香りで、美味しいです

うちの野菜は、完全な露地栽培ですので、コントロ-ルが効きません。
お天気次第ですので、とう立ちし始めたら、つぼみを野菜セットにお入れする予定です。
これがまさしく旬ですので、こちらのほうもお楽しみいただければと思います。
(実は、葉物野菜の場合、つぼみがもっとも栄養があるんですね)

その観点からすると、本当にアスパラも急がなくてはなりません

このような、振幅の激しい気象ですので、2月以降の野菜の生育もいまひとつ読めないところがあります。
加えて、アスパラの準備作業にも追われますので、2月の野菜セットの販売数は
かなり少なくする予定です。

余裕があったり、思いのほか収穫できたりしたら、そのつど、追加するという具合になるでしょうか?
販売は、例によって、月末の週末から開始の予定です。

なお、今使っている100サイズの箱の在庫がなくなってきましたので
次回の注文では、たてを3センチ高くすることにしました

葉物を入れると、今の箱ではいっぱいいっぱいになってしまって
どうしても、ふたをするときに、押し込んでしまうような具合になります。
同じ料金なら、少しでも多くの野菜を、余裕を持ってお送りできるようにと
考え、ぎりぎりまで大きくします。

時期によっては、大きすぎることもあるかもしれませんが
まあ余裕を持ってお届けできるので、いいかなあと思います。

ということで、すでもご注文いただいているお客さまには
お待ちいただいていますが、順次お送りしていますので
今しばらくお待ちくださいますよう、お願い致します。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/12702867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2010-01-21 23:51 | Trackback