エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

アスパラシ-ズン開幕です!


アスパラのシ-ズンが、本格的に始まりました
シ-ズンといっても、収穫はまだですが、春のアスパラに向け
作業を開始しましたので、これからは、今年の10月ころまでは
毎日、7~8時間以上は、忙殺されることになります

けっこう疲れるんですよ!ちょっとでも、気を抜くと、大怪我をしてしまいます。

もうひとつ天気がよくなかったので、今年は写真を撮っていません。

これは昨年の写真ですが、今はこのような作業です。
生垣などを刈り込む、電動バリカンで刈って行きますが
これがめっぽう重い

また片手で持ちながら、振り回して刈って行きますので
かなりの重労働です。
その上、少しでも気を抜くと、大怪我をします。
以前、これで指を切った事があります。

また機械も、このような使用状況を想定していないので
かなり過酷な、使用状況になり、一回の全刈りで、1~2個ダメになります。

いたわりながらも、急いで、集中しての作業です。

アスパラは、ご承知のとおり、前年秋に収穫終了してから、その後の状況によって
100%次年度の、収穫物の品質、量が決まります。

9月頃の時点まで、地上部を健全に保ち、その後も病害虫にやられないように
管理し、その後の冷え込みで、地上部の養分を全てスム-ズに
地下の根っこにおろす必要があります。

ですから、刈り取るときに、ほとんど来年が予想できるわけなんですね。

で、今年、刈り始めて、内部まで見ると、過去最高の枯れ方をしています
病害虫にやられることも無く、また、完全に枯れて、まだ青い株はほとんどありません。

これは、鹿児島ではほとんど奇跡的なことなんです

8月頃に乾燥・冷涼で、その後冷え込むような土地であれば
当たり前のことなんですが・・・。

まず、6~9月が高温多湿すぎる。
雨をよけるために、ハウスで栽培しているのですが、夏は全開にしていても
高温すぎ、蒸れて、病害虫が入ります。

毎年、だましだまし、なんとか秋まで健全に保つというのが
冷涼地でもよくあることなんですね。
ですから、ましてや鹿児島では、至難の業です。

そして、なんとか10月の収穫終了までたどり着いたとしても
12月でも、まだまだ暖かいため(カマキリも生きていますから)
枯れ始めないんですね。

ところが、2月になり、晴れると、もう春たけなわですから
休眠時間が不十分なまま、芽が出てきたりします。

これが、鹿児島でのアスパラ栽培の最大のネックです。

逆に、12月まで暖かいということは、10月~12月までの2ヶ月
南国の太陽の下、最大限に光合成できるというメリットもあります。

で、これもご存知のとおり、今年の春のスタ-ト時点では
それほど悪くなかったはずなんですが、どういうことか
まったくの異変で、弱々しい芽しか出てきませんでした

定植一年目よりも悪い出来で、内心「もうこれは、アスパラ栽培も(ということは
営農自体も)終わりだろうなあ」と、思っていたわけなんですね。

もっとも、やるべきことはやらなくちゃいけませんから
最大限努力した、一年でしたが
今こうして、刈り込みの作業をしながら、昨年を思い出しています。

たくさんのお客様や店長さんから励まされたこと・・・

考えてみると、本当に人間の力を超えた不思議な力を感じます

高温多湿の鹿児島が、今まで無かったような干ばつで、まったく湿度が低かったことが
味方してくれましたし、病気のきっかけともなる、ヨトウムシがまったく
ハウス内に入ってこなかった(殺虫剤ゼロでもです)こと
そして、12月あれだけ暖かく、例年以上に青々としていたアスパラが
年末年始からの冷え込みで、2週間できれいに枯れ上がったことなどです。

とにかく、昨年の秋は、例年の何倍も光合成でき、その養分が100%下におり切った
このことが見て取れるような、素晴らしい枯れ方です

多分、アスパラ農家のかたであれば100人中100人が
「これは、今年採れるぞ~!」とおっしゃるような枯れ方です。
(もっとも、昨年のことがあるので、自身では安心していませんが)

管理が成功したというよりも、人に、自然に、そしてアスパラに感謝です
「よく、頑張ったなあ」「今年は最高のものをお届けできる。
○○さんには喜んでいただけるなあ」とか言うことを、考えながら
作業をしています

最終的には、収穫が始まってみないとわかりませんが、ご期待ください

これからの作業は、全て、今年の収穫に向けての作業です。
そういう意味での、シ-ズンスタ-トですが、気を抜くことなく
今年も走り続けます!

ところで、野菜セット、本日は2件の発送です。
今までのように、ずっと冬型ということも無く、定期的に晴れるようになってきていますので
今週中には、2週間以上お待たせしている方への発送が、全て行えると思っています。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/12723948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2010-01-25 22:36 | アスパラ栽培 | Trackback