エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

お得な商品が続々と!


やっと、雷が収まりました

今日は近況報告?と今後の予定について書きますね。

やはり自然は、正直でした

mokurenn01.jpg

これ、2/28の庭にある、モクレンです。
このモクレンが、満開になるときに、アスパラがピ-クを迎える
と以前書きましたが、撮ったときには、今日は出ているだろうなあと期待半分、不安半分
でした。

何せ、昨年は、これが咲いても、まったくアスパラの姿がなかった
この写真を撮って、ブログにアップして・・と思っていたのですが・・・

ハウスに行ってみると

asupara09.jpg

ハウス内が、暖かいので、レンズが曇っています。

一株から、ぶっといのが何本も

asupara06.jpgasupara07.jpg

一株から、4~5本出ていました
もう、切っても切っても、前に進まない

嬉しい悲鳴ですが、アスパラの収穫というのは時間との勝負ですので
このときのハウス内気温と、アスパラの勢いでは、半日で10センチ近く伸びます。

ですから、4時間(通常は2時間)収穫、何度も家とハウスを往復し
冷蔵庫に運び、家に戻ったのが、12時

その後、予冷が早かったアスパラから、カットし、梱包します。
その間に、発送伝票の作成も・・・
これまた、18時には、佐川さんとヤマトさんに渡しますので
時間に追われて、受け渡したら、ハウスに戻って、アスパラの夕方の収穫です。
(そのまま置いておくと、朝には伸びすぎてしまいますので)

当然、日がくれますので

syuukaku01.jpgsyuukaku02.jpg

こうしてみると、よくわからんですね。

そのままでは、アスパラが見えなくなりますので
例の、防虫のための黄色蛍光灯をつけて、収穫でした。

22時前に家に帰り、そのまま、カット
朝の分で、発送しなかった分も含めて、市場出荷のため
結束、箱詰めで、午前1時頃に市場に出発
帰って来て、受注管理、ブログなどで
4~5時まで仕事。

そして、7~8時から収穫

1週間前は、こんな生活でした。

asupara08.jpg

で、当然、アスパラも人間同様、疲れますので
今週前半には、細いものが多く、今はこんな状態です。

まだまだ甘く、きれいなものが出始めました、が
やはり、細いものが多いです。

少なくとも「プレミアム」という限りは
ある程度太くなければならんだろう。ということと
太いものは、なかなか店頭には並びませんから
ぜひとも、年に1回は。こういった太いものを食べていただきたい
ということで、選別して、残ったものは市場出荷です。

asupara04.jpgasupara05.jpg

これが、市場出荷用のものです。
穂先もきちんとしまり、はかまもまだまだ栄養があることを表しています。

味は、プレミアムと同等です。

で、これを結束するのが、面倒なんですね。
おまけに、手で何度も触るので、鮮度保持の観点からは
あまり好ましくない。

そして、卸売市場から店頭まで行って、いつお客さまに食べていただけるのか
を考えると、多分、そんなにおいしくは無いだろうなあと思うわけなんです。

で、これを、今回、プレミアムのあとに販売しようというわけです。

2L、3Lの極太のものは入りません。
ス-パ-でよく見かけるのは、MサイズかLサイズの細めです。
それよりも、一回り太いものが中心で、Mサイズも入ります。

ですが、味はほとんど同じです。
切って使うのなら、太いものよりもかえって、使いやすい。

春の美味しいアスパラの時期は、少なくとも3月一杯はOKです。

今年は、ぜひとも飽きるまで、春アスパラの甘みを堪能してください
(商品ペ-ジは、今から作ります)

soramame01.jpg

露地では、ソラマメも一杯花をつけるなど、一気に春になってしまいました

このソラマメの摘花もしなくちゃいけないし、雑草も

野菜セットの収穫発送も・・・

元気に働けることに感謝です(なんか、老人みたいですが・・・

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/13029203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2010-03-07 01:16 | アスパラ栽培 | Trackback