エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

今日も夏本番です!


今日も夏本番の陽気でした

ただ、夜になれば肌寒く、寒暖の差があっていいのやら
まだ、気温の変動が、野菜を戸惑わせるので、悪いのやら・・・

今の状況の報告です

minnto.jpgitapase02.jpg

ミントとイタパセです。
単純に晴れてくれるので、生育は絶好調です

ただ、レストランではないので、こればかり多くても・・・と思います。

「ああこういう風に使うんだなあ」というヒントに

ika.jpgseruba.jpg

知り合いの、小林君が作ってくれた、イカのグリルと、セルバティカのサラダです。

さすが、プロです

イタリアンの料理店には、数多くお送りしているのですが
いつも味が濃いといわれます。

確かに、このような料理では、野菜のよしあしがストレ-トに出ますね。
イタパセも、単なる彩ではなく、きちんと味と香りが生きています。

味噌汁なんかに入れてみても、結構美味しいですよ

rakkyou.jpginngenn.jpg

ラッキョウと、インゲンです。
ラッキョウは少しずつ、収穫を始めています。
インゲンは、6月に入ってからです、多分・・・(天候次第です)

tamanegi.jpgromane.jpg

赤タマネギと、ロマネスコ、かなり大きくなってきました。
晴れベ-スが続けば、意外と収穫は早いかもしれません。


siso.jpgradhissyu.jpg

日本のハ-ブ、青シソと先日種蒔きした、ラディッシュです。
青シソは、普通、営業用では、かなりの農薬散布する野菜ですので
無農薬は、希少なんです。

もっとも、無農薬で、穴も開いていないというようなレベルの高いものでは無いんですが・・・(汗)

asupara24.jpgasupara25.jpg

親茎の養分で、かなり出始めました。
ただ、晴れると、夏のような気温になっているので、また親茎が大きく方に
養分が使われているようで、細いものや、ごつごつしたものが多かったりします。

大部分をまだ、穂先スペシャルと、特盛りで発送しています。
もうすこしきれいで、太目のものが出始めたら、夏アスパラとして
発送していきます。

asupara26.jpgasupara27.jpg

これが今のハウスです。
枝葉を整理していますので、かなりきれいでしょう
このくらい光が当たるようにしておかないと、梅雨に入ると
アスパラに色がつきません。

右は、畝から上を見た写真です。

このくらい光が入るように保ちます。

asupara28.jpgasupara29.jpg

保つといっても、これがまた結構大変なんです

摘心していますので、このような、枝が噴出してきますし
上部は上部で、新しい、二次葉がでてきます。

これらを、草勢をみながら、除去しなければいけません。

6000株ありますので、1日4~5時間これに追われる毎日がしばらく続きます。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/13654042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2010-05-09 00:25 | アスパラ栽培 | Trackback