エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

いきなり40度!


やっぱり今日は、暑かった~
さすがに、へばりました

いやな?予感どおり、今日は朝方まで結束し、市場に持って行って
帰ってきたら、そのまま収穫、その後いろんな仕事を・・・

雨でも降ったら、少し仮眠でもと思ったのですが
これまた、予報に反して、晴れてしまいました

それも強烈な日差しと、すごい湿度で

toumorokosi 01.jpg

数日前からの日照で、強い回復力を見せ付けているのが、トウモロコシです。
台風のような強風で根こそぎ倒されたのですが、立ち上がってきました

inngenn.jpg

インゲンもこのとおり、少しずつ回復してきています。
新しい葉っぱが出始めてきました。

このあと、花が咲いて、実がなって、その実が大きく成長したら収穫できるようになります。

zukki-ni01.jpg

回復が危ぶまれるのは、ズッキ-ニです。
根の分布が浅いため、倒されると弱いです。

その上、一日中でも雨に降られると、すぐに腐り始めます。

折れた部分が、腐ってしまっているので、そこを乾燥させ
上手くいけば、新しい茎がでてくるようになります。

satoimo01.jpg

先日からの大雨と、猛烈な日照を喜んでいるのがサトイモです。
さすがに熱帯原産だけあって、強いです

この巨大な葉っぱを見てください
これが光合成し、どんどん葉っぱを出して、エネルギ-を吸収するんですね。

埼玉で家庭菜園をしていた時には、どんなに頑張ってもこんな巨大な葉っぱは
でなかったです。

大きな地上部ができてしまえば、ほぼ豊作決定です

この写真からも、本日の暑さがわかるでしょうか?
このあと、いきなり雷雨があったと思ったら、すぐに日がでて
といった一日です。

okura.jpgtoumorokosi01.jpg

マルチのほうはといえば、まだまだこんな状況です。
オクラ、大浦ゴボウ、サトイモ、ナス、トマト、バジル、モロヘイヤなどが植わっています。

この強烈な日照は少し具合が悪い。
あと1週間、曇りや雨を想定して植えつけていますので
長時間の猛烈な暑さで、苗が弱ってしまいます。

マルチの中は、30度以上になってしまいますので
小さな苗は枯れてしまいます。

少し大きくなれば、自身の葉っぱで、影ができますので
大丈夫なんですが・・・

遮光ネットを張るなどの対策をしなくちゃいけないかもしれません。
(それで、曇ってしまえば、今度は光合成が足りなくなる。)

roji.jpg

それに比べて、雑草は強いものです。
これ、マルチを張っていない畑ですが、雑草畑になってしまいました

雑草にも負けないような、生育旺盛な野菜で表面を覆ってしまう予定です。

ousyokukeikoutou.jpg

暑くなって雨が降らないようになると、害虫の出番です。

特にハスモンヨトウ(という蛾)が飛び始めたら
要注意です!

カライモの葉っぱが大好物ですので、もうそろそろ発生し
カライモ畑で薬剤散布が始まったら、ハウスに入ってきます。

それを避けるため、いつでも黄色蛍光灯をつけられるように
ネットを取り付けました。

脚立に乗って・・・
みてもお分かりのように、ハウスの上部は今日は軽く50度を越しています

サウナの中で作業をしているようなもので、クラクラです

asupara04.jpg

クラクラなのはアスパラも同じです。

この時期、ベストな地温は24~5度なのですが、1週間前にようやく
この温度隊に入ったと思ったら、昨日は25度を突破

今日の朝は28度です

ここまで来ると、アスパラが疲れてしまいます。
毎年、梅雨明けにはこの温度になり、8月いっぱいは、なかなか下がりません。

しかし、例年だと4月下旬に24度くらいになり、1ヶ月以上かけて
徐々に上がってきますので、まだいいのですが・・・

ということで、少し暴れ始める兆候がでてきています。

まあ、日照があるだけ、まだいいということにしましょう!
(もうこの時期雲っても雨が降っても暑いですから)

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/14077256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2010-06-28 23:03 | アスパラ栽培 | Trackback