エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

すっきりした味


うちでは、「味」にこだわってアスパラを育てていますが
どんな味にしたいのかということを少し・・・

一言で言って、「すっきりした味」です。
もちろん、甘くて、濃厚な味というのも大切なのですが
雑味のない、毎日でも食べられるような、味が大切だと思っています。

先日、野菜セットに入れるものがなく、ずっとお待ちいただいていました。
で、急に、かぼちゃとトマトを分けてもらえることになり
急遽、お送りしました。

かぼちゃはともかく、トマトは、やはり日照不足で、そんなに甘くない。
でも食べてみると、すっきりした旨みが感じられました。

「やっぱりなあ」でした。

これ、あの、イチゴ農家の池畑さんのものなんですね。
梅雨時期からですので、ハウスでの有機無農薬栽培です。

でも、有機だから、無農薬だから美味しいのではないと思います。
やっぱり、経営方針と、それを実現する技術ですね。

同じような感想は、お送りした複数のお客様から、いただいています。

かぼちゃに関しては、まだ収獲できますので、採れたものは全て、うちが引き取ることにしました。
そんなに、かってどうする?と思わないでもないんですが、なかなか、こんな美味しいかぼちゃはない。
で、これから野菜セットに、お入れしていこうかなと思っています。

もちろん、うちでも作っていますが、収獲できるのは秋になってからです。

005syou.jpg

もっとも、これはまったくの放任栽培ですので、形などは良くないです、多分(笑)

マルチを張っていないところは、すぐに雑草だらけになりますので
かぼちゃで、覆ってやろうかなと思っています。

目論見どおり、元気なつるが延び、強烈な太陽エネルギ-を、全身で吸収しています。

001syou.jpg

こちらも比較的、順調なトウモロコシ。

ここで、30本くらい収獲できそうです。

002syou.jpg

こちらも元気な、赤オクラ。
どういうわけか、普通のオクラよりも順調です。

これだけ、容赦なく強烈な日差しが照りつけると
マルチしている、地面は、40度以上になっています。

本来は、もうこの時期、葉っぱが茂って、マルチのところは日陰になっていなくちゃいけない。

でも良く頑張っています。

003syou.jpg

ミニトマトも実をつけ始めました。

これは、上記のような理由から、順調なものとそうでないものが出てきています。

春からの冷えこみのあと、豪雨続きの梅雨、その後の猛暑ですから
夏野菜の出来も、ある程度不作でも仕方がありません。

その後の、秋を考えて、苗つくりに入っています。

もっとも、アスパラが大切な時期に入っていますので、まずはアスパラです。


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/14254199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2010-07-24 00:31 | 野菜栽培 | Trackback