エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

やっぱり、破れた!


心配だったハウスの天井ビニ-ル、やっぱり破れていました

002.jpg

2日にわたって、台風波の風が吹き荒れていたので、仕方ありません。
台風の時には、それなりの対策もしますし(これはこれで、大変なのですが)
吹き荒れる時間も短い。
それに対して、北西の季節風は、何日も続いたりしますので
こちらでは、要注意なのです。

この延長で、約40メ-トルほどが破れており、そのほか6ヵ所同じように破れているところが
見つかりました。

結構ショックではあります。

2月になって、ハウスを閉めこむときは、隙間風も入らないようにしないといけません。
4月中旬になるまでは、春とは言えども、夜が冷え込みますので
地温を下げたくないんですね。

ただ、破れたところをすべて張り替えると、100万単位のコストがかかり
とても、すぐには出せません(涙)

もっとも、梅雨はこれでは乗り切れません。
雨がかかると病気になってしまいますし・・・

とにかく、今年の春のアスパラで、ビニ-ルを張り替えるように頑張らないと・・・

で、考えていてもビニ-ルがくっつくわけでもないので
本日も、全開で全刈り作業です。

かなり進んでいます。

005.jpg

引き続き、もっとも大変な、葉っぱの部分の刈り取り作業です。



まずは、バリカンで、茎を切断します。

バリカンも、かなりの重量がありますので、片手で作業すると
つらいものがあります。

また、ネットや、ネットを張っているテ-プを切ると
何倍も、作業しにくくなりますので、それに注意しながら
の作業です。



そのあとに、上の部分を抜き取っていきます。

これまた、力のいる作業で、鎌を持ちながらの作業になります。
埃もすごく舞い上がりますので、マスクをしていますが
真っ黒になります。

当然、この埃には、今まで散布したものが濃縮していますので
そういう観点からも、できることなら農薬はなるべくかけたくはありません。

幸い、昨年は木酢液などの資材以外は、ほとんど散布しないで済んでいますので
今回は、紙の簡単なマスクで作業です。

ところで、本日は予想外に、午後晴れましたが、相変わらず寒い

2月以降、晴れる日が多くなれば、意外とアスパラは早く出てくるかも知れません。

楽しみです

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/15351797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-01-18 00:09 | アスパラ栽培 | Trackback