エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

20日頃からになりそうです


アスパラの準備作業は、あと少しです

002.jpg

畝を整形し、ホ-スを下ろし、真ん中のネットもおろし始めました。
きれいでしょうと自画自賛です(笑)

何か、このままの状態でずっといえ欲しいくらいです(それはそれで困るのですが)

あとの作業は、先日破損した、天井ビニ-ルの補修
これがかなり大変です。

その後、ホ-スをつないで、水のとび具合の調整
真ん中のネットを紐でくくる作業で、全て終了です。

昨日から、さすがに右腕がしびれて、寝ていても痛くて目が覚めてしまった。
本日も少し痛くて、まだしびれています。
(それで。キ-ボ-ドに触れるのはやめました)

かなり農作業向けの身体になったんですが
まだ修行が足りませんね。

何の仕事でもそうですが、その仕事に慣れるには
身体が覚えないといけません。

これ、営業でも何でもそうだと思うんですね。
例えば塾講師なんかの場合も、成果を挙げるためには
やっぱり、5年やそこいらはかかるものです。

農業の場合には、これまた最低でも5年はかかるんじゃあないでしょうか。
石の上にも3年とはよく言ったものです。

新規就農する作目や、どこでするのかというのを決めるために
青森のりんご農家に、3ヶ月ほど研修を受けたことがあります。

そのときは、3ヶ月間、体中が痛くて、今のようにおきると両腕が
しびれて、指先まで感覚がなかったということがあります。

そのときは、楽しいけれども、苦しい毎日でした。
でも、特にこき使われたというようなことではないんですね。

今なら、その作業も、鼻歌まじりで楽にこなすことが出来ます。

例えば、まったくの農作業未経験者が、うちに来て
3ヶ月一緒に作業したら、これはもう、地獄だと思います。

なんでもそうなんですね。

やってみなければわからないし、やり続けると
必ず、身についてくるものがあるんじゃあないでしょうか。

ところで、アスパラはまだでていませんが
今週末に一旦、寒くなり、その後平年並みということですので
20日頃から出始めるようです。

先日から、少し暖かい日が続きましたが
やっと梅の花が咲き始めました。

また、アスパラの指標になる、庭先のモクレンの花のつぼみも
固くしまったままです。

あと少しの辛抱です。

野菜は、かなり新しくきれいな葉っぱが出てきました。
今週末あたりから、少しずつ発送を再開できるかもしれません。

寒さのため、何もかんも、甘くなっています。
特に今年の冬にはお送りできなかった
春菊、香りもいやみがなく、甘いです。

これをぜひともお送りできればと思っています。

ですので、春菊が収穫できるのを待って
発送再開する予定です。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/15475215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-02-09 06:29 | アスパラ栽培 | Trackback