エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

空からの脅威


今日も暖かい一日でした

ハウスの地温も順調に上がり
萌芽を始めている株は、順調に太いものが出始めています

003.jpg004.jpg

まだ眠っている株もありますので、全体の20%ほどしかでていません。
ですので、本数的にはまだまだですが
出始めているものは、日に日に太くなっています。

来週半ばに、寒の戻りがあることが気がかりですが
明後日あたりから、プレミアムとして発送を開始できそうです。

昨年よりも10日遅れているようです。

ところで、「植物のことは植物に聞け!」です。
今年の梅の開花は、どうも約1ヶ月遅れているようです。
(いまだに満開になっていません)
また、いつもアスパラの指標として観察している、庭先の白モクレン
まだつぼみのままで、開花しません。

何か、寒の戻りを予測して、開花を遅らせているような気がしてなりません。

でも、少しは膨らんできているようで、あと2~3日で咲き始めるような気配です。

本日のニュ-スでも取り上げられていましたが
今年は、鹿児島県全域で、ヒヨドリの食害が、やはりすごいようです。

降灰といい、鳥害といい、空から降ってくるものには
抗いようも有りません。
気候もそうですが、自然よく観察し、順応しつつ、上手く折り合いをつけて
やっていくしか有りませんね。

アスパラや野菜の栽培も、それぞれの生育をよく観察し
気持ちを察しながら、世話していきたいものです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/15570079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-02-25 22:57 | 野菜栽培 | Trackback