エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

春の楽しみ♪


本日も寒くなりました

ただ、午前中は日差しがあったので
風は冬ですが、日差しは春といった風情です。

その中で、春最大の楽しみ、つぼみが勢ぞろいし始めました

001.jpg002.jpg

赤カブとべかなのつぼみ。
赤カブが旨みがありべかなはあっさりとくせがありません。

004.jpg005.jpg

どちらも白菜のつぼみです。
白菜のつぼみは、あっさりとくせがなく、個人的にはもっとも好きです。

008.jpg010.jpg

小松菜と水菜のつぼみです。
どちらも少し苦味があります。

ふきのとうや山菜と同様、春ならではの苦味です。
体を目覚めさせる効果があるそうですね。

011.jpg012.jpg

ニラが大きくなってきました
幅も広く、肉厚で、甘いです
ニラはアスパラと同じく、ユリ科の植物で、根っこの構造も同じです。
秋までに蓄えた養分を使って、春に養分たっぷりの新芽を出します。

右はからし菜のつぼみ、葉っぱと同じくからしの辛味があり
旨みが広がります。

014.jpg015.jpg

タ-サイのつぼみと、ダイコンのつぼみ
タ-サイは甘さを感じます。

そして、食べた料理人が全て驚き感動する、ダイコンのつぼみです。
少し苦味はありますが、生で食べると、ピリッと辛く
大根おろしそのものの味です。
そして旨みもあり、春一番の楽しみです。

ある、超高級レストランのシェフに送ったところ、びっくりでした。
そして、「サラダに粒々をほぐして、混ぜたらどうですか?
泡なんかよりも、ずっと簡単だし、お客さんもびっくりしますよ!」と伝えたところ
そうしたらしい

それ以来、高級レストランばかり食べ歩いているお客さんには
大好評らしいです。
こりゃあ、痛快ですね

018.jpg020.jpg

桜島ダイコンのつぼみと、とうとう出始めました
高菜のつぼみ。

桜島ダイコンは、やはり根に持っている養分の量が桁外れに大きいせいか
これまた甘いです。
でありながら、やっぱりダイコンの味がします。

高菜は、高菜の味ですね。
高菜はとうが立つのが遅いのですが、もうでき始めたとすると
せっせと、高菜パスタを食べておかなくてはなりません(笑)
12月まで、食べられないですから・・・

つぼみは全てそうですが、植物全て、子孫を残す(種を作る)ために成長しています。
決して、人間に食べられるために生きているわけではありません。

ですから、とう立ちし始めたら、根っこの養分と
日々光合成して作る養分は全て、つぼみに集約されます。

だから栄養というか、生命力の塊なんですね。
なので、これを食べていると、すごく体がきれいになるというか
エネルギ-にあふれてくるような気がします。

もっとも、ほとんどおひたしですが、加熱すると味の違いが
あまりでてこないので、生で食べるのがもっとも好きなんですが・・

こういうつぼみを収獲するために、品種改良され、毎日せっせと
肥料を散布し、収獲されたなばなもありますが、あれはあまり好きではないです。
肥料のえぐみがあるし、植物本来の味もしないので
食べる気がしません。

それなら、白菜のつぼみのほうがずっと美味しいと思います。

ではこういうつぼみはなぜ、流通しないのか?
答えはただひとつ、こういうつぼみはごみだからです。
つぼみというか、とう立ちしたダイコンも白菜も全て、商品価値がありません。
ダイコンは根を収穫するもの、白菜は葉っぱを収穫するものなんですね。

ですから、プロの農家はこういうつぼみは、食べたことがない人が多いです。
よほどの変わり者か、家庭菜園でもやっている人でしょう。知っているのは。

で、これらは、出来始めると、毎日収獲です。
少しでも暖かいと、すぐに花になってしまいます。
花が咲くと、とたんにつぼみが小さくなったり、出来なくなったりします。

このあたりが、つぼみを商品として収獲する目的で品種改良された
なばなとは違う点です。

なので、収穫が追いつかなくなったら、花盛りで、もうおしまいです。
これから2週間ほどの楽しみでしょうか?

野菜セットでお入れしていますが、送り終わったら
アウトレットつぼみスペシャルで、販売です
(花が咲くのが早ければ、この話はなしになってしまいますが)

ところで上記写真でもお分かりかと思いますが
うちの野菜は、アスパラも含め、どちらかというと
淡い緑色というか、黄緑に近い色をしています。

これは、必要以上にチッソを効かせていないからです。
むしろカルシウムとか、リン酸、マグネシウムなどのミネラルがよく効いている
証です。
でも加熱すれば、鮮やかな緑色に変わります。

こういう濃すぎない緑色が、健全な野菜の色だと覚えておいてください。

021.jpg

今日も寒かったですが、徐々に、アスパラの収穫量が増えてきています。
じわじわと、目覚めて仕事を始めるアスパラたちが増えてきています。

022.jpg023.jpg

こういう太いものも、出始めています。
1本で100グラムを超しています。

これ、シェフならば泣いて喜ぶ、太さです。
比重も高かったので(だから重い)味もかなりのものです。

でも私が、それよりも美味しいだろうなあと思ったのは
右の2本です。

太さや、味やもろもろについては、また後日に

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/15626134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-03-07 23:38 | 野菜栽培 | Trackback