エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

野菜準備、順調です!


野菜セットのための苗つくり、順調に進んでいます

003.jpg005.jpg

トウモロコシ(ピュアホワイト)とナスの苗です。

どちらも順調に大きくなってきています。

004.jpg006.jpg

こちらは主に、料理屋さん向けのハ-ブ、フェンネルとディルです。

007.jpg

同じく、タイムとロ-ズマリ-。

009.jpg

ちなみに、アスパラはこんな具合です。
どんどん伸びています。

まだ収穫はありますが、かなり規格外が増えてきています。

この調子でまだ収穫が続けば、スポット的に
特盛り、あるいは穂先スペシャルの販売を行うことがあります
ので、見逃さないようにしてくださいね~

夏アスパラとしての販売は、下旬~6月上旬頃になりそうです。

010.jpg011.jpg

今日はハウスとハウスの間を、もう一度耕してもらって
マルチを張ってもらいました。

明日は夕方から雨の予報ですので、明日以降、苗の定植を始めます。
多分、5月下旬から、色々と収穫でき始めると思いますので
中旬から野菜の販売開始です

このほか、ルッコラ、イタリアンパセリ、じゃがいも、ズッキ-ニ
カボチャ、オクラ、空芯菜、モロヘイヤ、四葉きゅうり、ゴ-ヤ
ラディッシュなどを準備しています。

013.jpg014.jpg

今回のマルチは、焼酎屋のロゴが入っています。
個人的にはあまり好きではないので、NGなのですが・・・

ちなみに、地元の人間は、いろいろ裏を知っていますので
宝山は余り評判はよくないです。

昨年と同じく、右のようなトラクタ-でマルチを張って行きます。
土壌消毒の薬剤潅注、粒剤の散布、肥料の散布、マルチ張り
を全て1工程でこなしてしまう優れものです。

015.jpg016.jpg

中でも、土壌消毒のクロ-ルピクリンを潅注するのは
実はとっても助かるんですね。

このクロ-ルピクリン、実は猛毒なんです。
揮発性ですから、この潅注作業は、目にも来るし、のどにも来る
かなり大変なんですね。

焼酎用のカライモ栽培では、必ずこの土壌消毒を行います。
他にもいろんな消毒剤がありますが、このクロピクは強力なんですね。

これで、芋の腐れを防ぎます。
虫が食った芋や、肌が汚い芋は、焼酎屋が引き取りません。
すなわち、無農薬有機栽培の芋を使った焼酎は、まず無いという事ですね。

もっとも、法律上認められている、農薬ですから
安全性は、大丈夫なんですが。

もちろん、うちでは、土壌消毒も行いませんし、土壌害虫防除の
粒剤も関係なしですから、使いません。

使うのは、トラクタ-の前についている肥料散布機だけです。
これでペレット状の、有機肥料を少し入れてもらいます。

そのほかは、鶏糞と牛糞堆肥で終了です。

ところで、原発、本当にでたらめですね。
さすが、弁護士出身の代議士だけあります。
三百代言そのものですね。

全てにおいて、隠蔽・責任逃れ、言論統制、現場の最前線に立って、率先することもなく
・・・上手く収束に向かったとしても、数年後、いろんな問題が出てくるんでしょう。

かつて公害問題がそうであったように・・・

その前に、破局に至らないように祈るばかりです。
これは、現場の方々の頑張りというか、犠牲によって
なんとか成し遂げられるかもしれませんね。

でも、かなりの死者が出るのではないでしょうか?

ちなみに、チェルノブイリの事故の際、避難の義務ありとされた目安が
年間5ミリシ-ベルトです。

今回、福島県の子供達に安全だとされている限度が
20ミリシ-ベルト

今まで一般成人の限度とされていた、年間1ミリシ-ベルトという数字は
なんだったんでしょうか?

もっとも、数年後に問題が顕在化してきても、政権には無いですし
「直ちに」出た障害ではないので、責任は逃れられるという事なんでしょうか?

おまけに、政府見解以外は全て検閲され、中国や旧ソ連よりも
怖い国家になりつつありますね。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/15891769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-04-29 23:34 | 野菜栽培 | Trackback