エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

ヨトウムシが出始めた!


少し、体調回復です

もっとも今日一日中、頭痛も激しく、まだ万全ではないので
注意、注意です。

本日の畑の様子です。

006.jpg

かぼちゃは一面に、つるを伸ばして、傍若無人に・・・

もうそろそろ、全て、収穫しなければなりません。
このつるの中に、多分、2~3匹は、ヘビがいます

マムシや、ヤマカガシもいるので、要注意です。
ですから、このような中に入るときには、長靴を履いています。

まあ、自然が豊かというのはこういう事なんですね。

007.jpg

バジルも大きくなってきました。
これだけ香りの強いものでも、虫が食います。

食われる前に、どんどん収穫して行きます。

008.jpg009.jpg

オクラも、順調に花が咲いています。

このように、上に上に花が咲いていきます。

現在は、ナス・きゅうりとも結構収穫できますので
発送量は、オクラの収穫量で決めていきます。

今日は少なかったので、1件の発送にとどまっています。

余った、ナスときゅうりは、直売所行きです。

010.jpg

ヨトウムシの仕業です。

011.jpg

丸1日で、こうなってしまいました。

害虫というのは、こういうものなんです。
「作物が健康であれば、虫も病気も寄り付かない」
なんて、言う人もいますが、真赤なうそです(笑)

家庭菜園をしてみるとよくわかりますが
多少、病気や虫に強いという事はあっても
病気も虫も、そこまで弱いものではありません。

こういうのを防ぐためには、ハウス栽培なんですが
それとても、少し防除になるという程度ですね。
(うちのアスパラハウスにも入ります。)

大葉の専業ならどうするか?
こうなってしまうと死活問題なので、当然薬を使いますが
今ついている虫を駆除するだけでは、2~3日経ったら
新たに卵を産み付けられて、孵化したら、同じことになります。

もう4~5日おきに薬剤散布なんてばかばかしいことになりますので
葉っぱに残留する薬を使うことが多いですね。
そうすれば、孵化した幼虫が食べたら、自動的に死んでくれる。

2~3週間に一回の散布でよくなるわけですね。

で、うちはどうするか?

食われた葉っぱは切って捨てて、新たに出させます。
そして、木酢液などの忌避剤を散布します。

2~3日しか持ちませんが、それほど株数が多いわけではないので
大丈夫です。

それで、ダメだったら、大葉の収穫は諦めです。

もちろん、アスパラではこういうことは許されませんので
万全の注意を払いますし、どうぢてもこうなってしまうというときには
躊躇なく、薬で防除します。
(ですから、アスパラは無農薬ではなく減農薬なんですね。)

ちなみに、今年はまだ1回も殺虫剤の散布はしないですんでいます。

露地野菜のほうは、面積こそ家庭菜園レベルではないですが
考え方は、家庭菜園そのままです。

まだまだ続きをとおもっていたら、メインテナンスとかで画像がアップできなくなってしまいました。

(おまけ)

セシウム牛、予想通り、増えてきていますね。

牛肉が怖いというよりも、先日も書いたように、稲わらに結構高濃度の
セシウムが検出されたことが怖いですね。

牛に食べさせる稲わらですから、売るほうも買う側も商品です。
ですから、必ず屋内に保存していたことは間違いありません。

それでも、こんなに検出された。
それも、かなり離れた場所で・・・

まあ、こういう事も、予測できたはずなんですが・・・

3月には、広島型原爆の数千発分の放射性物質が、東日本・北日本一帯にばら撒かれた。
一部は、九州にまで飛んできています。

その後は、毎日1~2発分の放射性物質が継続して放出されている。
(だからいまだに、ヨウ素が検出されたりしている)

大気中に放出された何倍もの放射性物質は、海に垂れ流されている。

これはもう、いくら隠蔽しようとも、厳然たる事実でしょう。

ですから、これからもどんどんこういう事はでてくる。

悲しいことですが・・・

鹿児島にしても、川内原発はすぐ近くですし、玄海もある。

もう日本中が、関係ないでは済まされなくなっています。
こうなった以上、こういう状況を受け入れるしかないのですが
多分、原発を推進してきた方々には、因果応報、必ず罰が当たりますね。







[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/16317382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-07-24 02:05 | アスパラ栽培 | Trackback