エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

葉物野菜が楽しみです!


毎日、日中は相変わらず、猛烈に乾燥した暑い日が続いています。

でも、毎日水播きしている甲斐あってか
葉物野菜の苗が育ってきています

030.jpg031.jpg

今はこんな状態です。
マルチを切り開いて、種まきをしています。

ある程度に育ったら、定植するか、間引きするかです。
葉物野菜の間引き菜は、かなり美味しいので
(さっと茹でて、おひたしにすると美味しい!)
この時期の楽しみです。

普通は、苗を育てる際には薬を使いますが
そうすると、間引き菜が食べられません。

間引き菜を食べたいがために、無農薬にしているということもあります。

032.jpg

これは、高菜です。
やっぱり気候があっているんでしょうね。

高菜を見ると、早くパスタにして食べたいなあと思います(笑)

033.jpg

チンゲン菜。これまた、得意な野菜です。

035.jpg

これは白菜。

もう少し大きくなったら、定植します。

11月中旬から収獲できそうです(順調に行けば)
もっとも、白菜がおいしくなるのは、12月中旬以降
下が降りるかどうかという冷え込みにあってからです。

036.jpg038.jpg

今年は乾燥しているせいか
今、シシトウバブルです。

とってもとっても、いくらでも収獲できます。
多分これも、あと10日ほどすれば、パタッと採れなくなります。

シシトウも、パスタばかり作っているので
シシトウパスタももうすぐ終わりと思うと
さびしいです。

作り方はいたって簡単!
オリ-ブオイルでいためて、塩コショ-です。

ベ-コンを使ったり、イカを使ったり、ついでにナスを入れたり
で、ほとんどの場合、バルサミコも入れます。

どんな野菜も、この作り方でパスタにしますが
使う野菜によって、かなり味が変わってくるので
楽しいです。

こうして考えると、やっぱりうちの野菜セットは
「自家用野菜のおすそ分け」ですね。

自然に育てて、無理なくできてくる物しか
うちでは食べられません。
何もこだわっているわけではなく、促成栽培や抑制栽培をしようと思うと
これは技術が要る。

アスパラ以外では、そういう技術は持ち合わせていませんし
アスパラだけで手一杯なので、時期をずらして栽培する
技術を習得しようとは思いません。

もっとも、美味しくは作りたいので、そういう技術は
習得しようとは思いますが・・・

だから、あまり技は持っていないんですね(汗)

で、得意な野菜が、葉物野菜になってしまう。
大体、私が満足に作れるものは、実は、簡単な野菜ばかりなんです(笑)
難しいものでも、たまたま、気候が合えば、上手くできたりすることもあるんですが
まあ、こういったところが舞台裏なんですね(しゃべっちまった~!!)

無理なく、肥料も使いすぎず作っていますので
その分美味しいんだと思います。

そもそも、美味しい野菜でなければ、自分自身食べません。
香りがしなかったり、えぐみがあったりそういった野菜は
もし自分が作っていなかったとしても、多分買ってまでは食べないです。

そういう野菜では、上記のパスタは出来ないですから(笑)

先日、後学のために?野菜セットの販売ペ-ジなどを
少し見てみたんですね。

そうしたら、あるは、あるは・・・
確かに、「九州産野菜」人気なんですね。
どれも、「安心安全」なんてうたっていますね。

まあ、農産物が売れるということは、いいことですので
何も異議はありません。
「よかったですね!」と・・・

うちでは、前からいっているとおり、食べ物なので「安全」なのは当たり前です。
「安心できるかどうか」はお客様が判断すること。

そもそも、1件でも何か問題があれば、直売農家としては、もう終わりです。
生産から、発送、販売まで全て、自分で行っていますので
これはもう、言い逃れが出来ません。

こういうところが大手と違うところです。

食品の安全とかいうことについては、もともと、大手よりも
信用できる個人のほうが、リスクははるかに低いです。

だから、偽装などの問題にしても、ほとんどが大手で起こっていますね。
大手ス-パ-にしても、JAにしても、生協にしても
今までもいろいろとありました。

で、全て、取引業者の責任で、トカゲの尻尾きりで終わりにしてきました。

多分これから、でてくるであろうお米の偽装でも、大手のほうがやりやすい(笑)
個人商店のお米屋さんなんかは、そういったことをすれば
一巻の終わりに名てしまいます。

高度経済成長からこちら、個人の肉屋さん・魚屋さん・八百屋さんなど
大きくせずに、いわゆる生業で頑張ってきた個人商店を
重視してこなかったのは、まずいかもしれませんね。

そういった、商いのあり方が今後見直されてくるのではないかと思います。

効率重視の農業や漁業、そしてそれを優遇する「特区」は逆行していますね。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/16547012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-09-13 00:47 | 野菜栽培 | Trackback