エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

離陸する?農ビジネス


アスパラクラブ?の若い衆が今月も来てくれました。

004.jpg

昨日、暑い中、露地の畑の雑草処理を手伝ってくれました。

今日から雨続きという事なので、マルチを破って、苗の定植の下準備とか
今月も助かりました。

こんな写真を見るにつけ、やっぱり若いっていいですね。
左の「TOYOTA」のシャツの野市君は、多分来月から
ワインの勉強に、イタリアに行きます。

まあ、こんなユ-ロが崩壊しようかと言う時期に
行こうというんですから、勇気がある(笑)

ユ-ロの両替はぎりぎりまで待つことと
イタリアでは、デモとか暴動とかもこれから起きるはずだから
気をつけるようにと、アドバイスしておきました。

雨のほうは、今回は予報どおり、午前中から降ってくれました。
苗の定植をどんどん行わなければならないので
本日から、雨の中でも、定植を始めています。

多分いろんな葉物野菜が、今月下旬か来月上旬くらいから
収穫でき始めますので、そのめどがつく、来週末か再来週初めに
野菜セットの販売を行う予定です。

10月はともかく、11月から12月というのは、こちらでは
1年でもっとも、野菜の栽培に適した気候で、害虫も病気の心配もいらず
それでいて、からっと晴れて生育がもっとも順調に進む時期ですので
ご期待ください。
(昨年も、この時期だけは順調に収穫できました。)

もっとも、からっと晴れるというのは、東風で山を越した風が吹くからなんですが
今年は、唯一、桜島の降灰が心配ではあります。

昨日も降っていましたが、市内はとんでもないことになっているとか・・・
こちらでも、何日間も続けて降り続けるというのは
今まで記憶に無いとのことです。

また、8月下旬から半月以上も、まったく雨が降らず、猛暑というのは
今までになかったようです。

火山活動といい、この乾燥といい、ケムが影響しているんでしょうか?

ところで、先日の日経で、「離陸する農ビジネス」という記事が
連載されていました。
その中でも、笑ったのが、無人で作業するトラクタ-の開発です。
何でも、GPSを使って、無人でトラクタ-を走らせて、小麦などの播種を
行うとの事。今北海道で、開発中らしいですね。

その中で、見学していた農家が、「これがあれば、規模を拡大できる」
と、期待を持って・・・とか

何でもその農家は、15ヘクタ-ルの経営規模らしいのですが
播種の時期は、その面積をこなすのがぎりぎりとかで
無人で、蒔いてくれれば、面積を拡大できる。
日本の農家は、経営規模が小さく、生産性が低いので・・・
といつもながらの、論調です。

ちなみに、オ-ストラリアでは、農家の平均経営規模が
1500ヘクタ-ルとか・・・

こんなトラクタ-を導入して、規模を5倍に増やせても
1500には、まあ太刀打ちできないのは目に見えていますよね(笑)

第一、トラクタ-を無人では知らせるというのは
これは怖いですよ~
なんと言っても、そのくらいの大きなものだと、重機とかわりませんから。
自動車が走るのとは、わけが違います。

それに、そんなにたくさん作って、どこに売るというんでしょう?
いっぱい作って、今度は輸出という事なんでしょうか?

他の特集も、輸出のことも出ていましたし、もちろんTPPも(笑)

もう、離陸でも何でもしてくれと
(多分墜落するでしょうが・・・笑)

この時期、もう日本の農産物は、海外では売れません。
日本国内は、情報統制して、大本営発表でなんとかいけても
海外ではそうは行きません。

TPPでもそうです。
平成の開国とか言っていますが、いつ日本は鎖国していたんでしょうか?
TPP加盟により、輸出がふえ、経済成長に寄与するとか・・・
加盟各国で、日本殻の輸出に寄与できる国は、アメリカ以外に
見当たりません。
そのアメリカにしても、円高に持っていかれれば
輸出は増えない。
その代わり、サ-ビスや、食糧などの輸入はすごいものになるでしょう。
ほとんど壊滅しつつある農業は、崩壊しますし、それ以上に
いろんな分野で、日本人の雇用が激減します。

決定的に、日本そのものが、なくなってしまうほどの
打撃になるのは、間違いないですね。

それでなくても、政治的にも、経済的にもそして
環境という面でも、崩壊しつつある日本です。

もっとも、新聞にしてもテレビにしても、大本営発表ですから
これはもう仕方ないのかもしれませんね。
自分の頭で考えることが、本当に大切ですね。

この離陸する農ビジネスでもそう。
こういうものでどこが儲かるのか?
機械メ-カ-であり、IT産業であり、多分補助金がらみでしょうから
それにまつわる、方々も利権にありつける。

何も、日本の食糧事情の好転に寄与するとは書いてはいません。
単にそういう事なんですね。きっと・・・

ところで、沖縄駐留の海兵隊、実戦部隊8000人がグアムに移転
と通告されたとか。
以前の計画では、司令部や補給などの要員8000人が移転という計画でした。
今いる戦闘要員は、1万人ですから、ほとんど兵力がなくなってしまうと
いう事ですね。

いよいよ、日本からの撤退が始まりましたかね?
中国が沖縄を取りに来る日も近いようです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/16564715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-09-17 01:05 | 野菜栽培 | Trackback