エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

地温が急降下です。


やっぱり、今年は秋が早そうですね。
いつも写真を撮る銀杏の木の葉が、少し黄色っぽくなってきています。

アスパラも、先日の冷え込み以来、地温が下がり
今、22度になっています。

夏のアスパラでは、適温が24~25度です。
夏の暑い時期は、30度近くまで上がり、毎年28度からは下がりません。
9月の今の時期だと、やっと25度くらいまで下がって、「よかったよかった」
となる頃なのですが、1週間で28度近辺から、22度まで急降下です。

地温というのは、あまり急激に上下しませんので
アスパラも驚いているはずです。

で、ここ、2~3日は、もうそろそろ、今シ-ズンは終わっていいですね。
見たいな雰囲気になってきています。

先週の冷え込みが10月中旬の冷え込みでしたので、当然かなとも思いますが
穂先スペシャルのご注文が残っていますので
もう少し、頑張って出して欲しいなと思っています。

ハウスですので、ビニ-ルの開閉で温度管理が出来ます。
夜に締め切って、地温を上げるという手もありますが
来年にも響きますので、自然体で
眠くなったら、眠らせてやる、
こういう栽培ですので、あくまでも気候のままに
任せる方針です。

ところで、急降下というと、欧州発の金融危機
一段と、まずいことになりつつありますね。

金や原油はじめ、主要商品相場が急落していますね。

株式はじめ、商品相場に至るまで
リスク商品から、いっせいに資金が引き上げ始めています。

引き上げて、キャッシュポジションを上げていますね。
でその、資金はどこへ行ったかというと、為替相場で一目瞭然ですね。

欧州通貨も、新興国通貨は下げていますし、円もさほど上がっていない。
ということは、米国ドルですね。
そういうことで、ドルはそのあたりの通貨にたいして、値上がりしている。

ということは、アメリカ国内に資金が還流しているということですね。

G8からですから、FRBは欧州の危機に関しては、距離を置く
つまり、欧州のことは知りませんよ、ということになったんでしょう。

大恐慌に向けて、本格的に動き出したということでしょう。

「対岸の火事ではない」どころか、今回の危機は
大恐慌を上回る危機になると思います。
経済規模は、比べ物にならないくらい大きくなっていますし
中国のバブルもはじけるはずです。

日本といえば、とんでもない財政状態と、原発・震災の痛手が
大きすぎ、おまけに、無政府状態です。

ひとたび、世界的に金融クラッシュしようものなら
預金封鎖、その後に、新円切り替えまで覚悟したほうがよさそうです。

ひたひたと、近づいているような気がします。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/16602997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-09-25 22:37 | アスパラ栽培 | Trackback