エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

アスパラ終了しました!


今年度のアスパラ、本日で収獲終了です。
今年も有難うございました。

稲刈りも本日実施。

とはいっても、コンバインで刈り取ってもらって
乾燥施設にもって行っただけですが・・・

004.jpg005.jpg

今年は、花が咲いてから、昼間は晴れて光合成が活発
夜は冷え込んで、順調に養分が実に送り込まれたためか
昨年よりもいい出来のようです。

001.jpg

向かい側の、早期米を刈り取った田んぼでは
早くも、そばの花が満開です。

もう1ヶ月もたたないうちに、そばの刈り取りですね。

そばもお米も、3ヶ月ちょっと収獲を迎えます。
なんとも、効率的です。

特にそばなんかは、水がなくても出来ますし
土がやせていたほうが、むしろよくできる。

その上、栄養価は高いと着ています。
本当に、日本は気候に恵まれた、世界でもまれな国なんですね。

お米のおかげで、日本という国が成り立ってきました。
日本が、滅びてしまうかもしれない今こそ
もう一度よく考えてみる必要がありそうですね。

にもかかわらず、TPP参加にまっしぐらですね。

何度もいいますが、TPPで、完全に日本は解体されてしまうでしょう。

何も、自身が農家だから行っているのではありません。

これまたいい続けてきましたが、日本の農業はもう手遅れです。
崩壊するのを食い止めるどころか、もう崩壊していますので
それはいいんです。(よくはないですが)

お米にしても、野菜にしても、輸入物なんて、入ってきていますから
いわれているほど、打撃は受けない。

環太平洋といっても、経済規模はほとんど、日米だけですから
全産業、アメリカの意図するように、コントロ-ルできるようになります。
(今も変わりませんが・・・)

農業よりも、サ-ビス部門で劇的に変わってくるんではないでしょうか?

医療・年金・経済の仕組みが全て、アメリカにあわせていくことになるんでしょうね。

だとすると、数年後、結果として、日本の中流層というのはまったくなくなり
年収数億円を稼ぐ、ほんの一握りの売国奴と、年収100万円台以下の、大多数に分かれるでしょう。

公的な医療保険・年金も崩壊しますし、治安ももっと悪くなる。
まあ、現在のアメリカとおbな時になるということですね。

だから、アメリカでは、各地でデモが拡大してきている。
向こうの貧富の差というものは、容認できるレベルではなくなってきているんですね。
それでいて、敗者復活のチャンスもなくなった社会になってきている。

そういう社会に日本も、なって行きます。

大体、関税自主権というのは、国家の根幹を成すものです。
ですから、幕末に、諸外国はそれを認めない条約を押し付けた。

その国をいかようにもコントロ-ルできるからです。
その回復に、日本は多大な犠牲を払って、条約改正にこぎつけたはずです。

それをいとも簡単に、売り渡すかなあと思うのですね。

もっとも、原発と同じく、TPPが、信頼できるか否可の踏み絵にはなりますので
その点はいいかもしれません。

他の政党も、同じようなものですが、それにしても
とんでもない政党に、付託してしまったものです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/16669652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-10-10 22:08 | アスパラ栽培 | Trackback