エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

暑いです!


11月も中旬だというのに、今日もえらく暑かったです
半そででも、汗をかくほど、暑かったです。

001.jpg002.jpg

生育も進み、今日から赤カブを少しずつ採りはじめています。
全て収穫すると、終わりですので、少しずつお入れしていきたいと思います。
カブは、茎や葉っぱにも、うまみがありますので
一緒に漬物や、ス-プにしていただければと思います。

右は、アスパラ菜。
アスパラとは何の関係も無いのですが
アスパラのような甘味が茎にあるとの事・・・
アスパラ農家としては、「そうかなあ?」といったところですが
もっと寒くなってくれば、確かに甘くなってきます。

普通は、低温に遭遇し、その後の気温上昇と
長日化で、花が咲くのですが
これは、暖かくなる前から、花が満開になります。
その他のアブラナ科の野菜がつぼみを持つ頃になると
おしまいになる、不思議な野菜です。

おひたしやサラダより、フリット(天ぷら)にしてもらったほうが
美味しいのではないかと思います。

003.jpg004.jpg

ベロ-ナキャベツと、チリメンキャベツ、葉数が増えてきました。
ただ、寒くならないので、虫がまだいるのが心配です。
外葉もかなり食われてきました。
(例年なら、虫がいなくなる頃です)

006.jpg012.jpg

同じキャベツの仲間、ブロッコリ-、まだつぼみを持つに至っていません。
右は、カ-ボロネロ、鉄分やミネラルがとても多いらしい。
少し苦味がありますが、はまる人ははまります。

ス-プや味噌汁のほか、パスタでも美味しい。
何とあわせたらいいかなと考えてみたのですが
キャベツの仲間なので、アンチョビが合うだろうと、作ってみたらOKでした。

ただ、まだ、味は完成されていませんので
これならとなったら、公表しますね。

まあ、そんなにたいそうなものではないのですが・・・(笑)

ニンニクと、アンチョビ、カ-ボロをいためて
塩コショ-し、和えるだけです。

010.jpg

赤ダイコンがもうすこしで、収穫できそうです。
もっと寒くなってくれば、実が太ってきますので
早く寒くなってほしいなあと思っています。

013.jpg

エンダイブが、山盛りになってき始めました。
レタスの仲間ですから、これも寒くなってくればほんのり甘くなってきます。

今の状態では、まだまだ苦い苦い!

ちなみにレタスの仲間は、虫はほとんどつきません。
特にうちで栽培している、イタリア野菜は、まったく虫がつきません。
そのくらい苦い(笑)

どうもイタリア人は、苦い野菜がとても好きみたいですね。
(苦いものが多いです。上のキャベツなんかも少し苦味があります)

主に、レストラン向けに作っているのですが
シェフは、好きですね。
サラダはもちろん、煮込みにも使ったりします。

個人的には、苦いのがと言うよりも、レタスの類はあまり好きではないので
本当に寒くなってきて、甘味が出始めてからしか、食べません。

虫はつかないといいましたが、代わりに、病気は出やすい野菜です。
雨が続いたりすると、普通のレタスはてきめん、病気が発生します。
冬の野菜ですので、梅雨時期とか、夏に作ると、病気多発です。
ですので、レタスも、大産地では、薬漬けで作ることが多い野菜です。
冬の野菜ですので、特に夏にでまわっているレタスは、食べたことがありません。

もっとも、夏にレタスを食おうという事が、間違いの元なんですが・・・

014.jpg

今日の畑です。

葉物は次々に収穫しているので、こういう緑に状態がこれからの風景です。

(おまけ)

欧州の金融危機、どんどん進んできていますね。
日本ではまったく、報道されません。

日本から金を巻き上げるまでは、楽観的な報道しかされないんでしょう。
政府といい、官僚といい、メディアといい、どこの国のために働いているんでしょう!

少なくとも、日本国民のためではなさそうです。

TPPも、国会の議論はそっちのけで、強行するんですかね?

外国産の農産物が入ってきたら・・・という議論は瑣末でしかありません。
そんなことどうでもいい(どうでも良くはないのですが・・・)

その他のサ-ビス部門、特に金融・投資といった部門が、完全にやられてしまいますね。
他国を見ればよくわかります。
原発事故で、甘い汁を吸ったような階層の人間だけが、ますます太り
残り、90%以上の国民は、年収200万円以下の生活になりますし
病気になったら、自己破産のリスクを冒してでないと、医者にもかかれない。

とんでもない世の中になってしまいます。

もっとも、欧州でもギリシャは既にそうなりつつありますし
今度は、事実上IMFの管理下に入るイタリアもその運命をたどります。

その次はスペインですか?

IMFは支援とか救済する組織ではなく、これまた、国家の資産を収奪する組織ですから
(IMF管理下に入った国のその後を見ると、全て全体が貧しくなっています)
そのあたりをよくわかっている、イタリア国民は黙っていないでしょう。

という事で、これから大変な暴動が起こってくるのではないかと思います。
いずれにせよ、ユ-ロ消滅、EU崩壊に突き進むんじゃないでしょうか?

当然、日本も、どこかで、猛烈な嵐に巻き込まれることになると思っています。

また、タイの洪水、世界最大の米の輸出国ですから
今年は、お米が大変なことになるでしょうね。

そういうのもまるで、日本のメディアでは伝わってこない。
多分、米が危ないという事になると、食糧の自給は、ことに米の自給は
大切だね。と気づかせることになり、TPPには不都合という事なんでしょう。

とにかく、家庭菜園など、出来るものであれば、少しでもはじめていったほうがいいと思います。



[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/16790417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-11-06 23:34 | 野菜栽培 | Trackback