エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

アスタマさん


鹿児島のレストラン、「アスタマニャ-ナ」の平田シェフです。

007.jpg

いい顔でしょう

この人と話していると、楽しくなります。

店名の「アスタマニャ-ナ」スペイン語で、「また明日!」という意味らしい。

008.jpg011.jpg

週に二回ほど、原付に乗って、山を越えて野菜を買いに来てくれます。
車でもけっこう大変なのに(片道30キロほどです)
朝早くから、原付で来てくれます。

これからの季節は寒いですし、今日なんかは
雨も降っていた。

見かけによらず(笑)
根っから、人に喜んでもらうのが好きな方ですね。

だから、できるだけ旬で、それも新鮮な野菜を出したいと
通ってくれるんですね。

もう、とりたい野菜を、とりたいだけ、好きに収獲してもらいます。
何が単価がいくらとか面倒なので
収獲に来てもらえれば、何でも好きなだけ、とり放題で
3000円で、販売しています。

平田さんの場合は、原付なので、載せられる量も少ないことから
1500円です。

紅心ダイコンやら、カ-ボロネロ、その他珍しい野菜もありますので
かなり安いとのことです。
まあ、そんなことよりも、必要とされて、取りにまで来てもらえる
その上、食べていただくお客様にも喜ばれ、店にも喜んでもらえる
こんなうれしいことはありません。

シェフにとっては、野菜の味も分かるし、いろいろ収獲しながら
料理を考えたりするのが、楽しいみたいですね。

010.jpg

ちょっと、照れてます(笑)

やっぱり、いい人なんですね。
この人が来れば、雨が降っていても、必ず晴れます。
行いでしょうか?

今日も、雨だったんですが、シェフが来たとたんに
まるで、モ-ゼの十戒のように、空が割れて?
晴れ間が広がりました。

今日撮った写真を、引き伸ばして
毎日拝もうかな~と、もう神様ですね。

そういったら、少し喜んで
「わしゃあ、仏様か!」と・・・

012.jpg

これから帰って、仕込みです。

料理屋さんや、ホテルには、かなりのところに
お送りしています。

アスパラまで含めると、ミシュランはじめ、著名な店が
ずらずらとあります。

でもそれを売り物にしているのではないので
あまり書きたくはないです。

野菜にしても、今お送りしているものと
ほとんど同じ。
カ-ボロネロなどの、西洋野菜は、多く入れますが
内容は同じです。

価格もほとんど同じ。

ですから、私の中では、有名店だろうが
著名なシェフだろうが、同じです。

また、そういうところにお願いして、買ってもらっているわけではないので
いやであれば、買ってもらわなくてもいい。

やっぱりそういうスタンスで、商売していると
見せ掛けの店や、裏表のある店やシェフとは長続きしません。
やっぱりメッキははげるものです。

ここ1年ほど売り出し中のシェフなんかは、電話で怒鳴ったことがありましたね(笑)
まあ、ご活躍なので、ご同慶の至りですが(笑)

逆に、超有名な店や、シェフでも、驚くほど、まじめで
謙虚な方もいらっしゃる。
野菜の見てくれではなく、味で評価してもらって、取引が続いている。
やっぱり、そういう真摯さというようなものは、料理にもでるんでしょう。

そういう店は、やはり、流行っているようですね。

本物だけが、やはり生き残る。
心しておきたいと思います。

(おまけ)

経済のほうも、日々、がけっぷちに近づいて来ているようです。
大津波が押し寄せてきているようなもの

来週あたり、水煙のようなものが見えて、「ありゃ、何だ?」
と気づき始めることが、でてくるかもしれません。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/16842218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-11-18 23:10 | 野菜栽培 | Trackback