エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

光陰矢のごとし


今年も残すところ、あと1日になってしまいました。
本当に時間の過ぎるのが、年々早く感じられます。

こういう仕事をしていると、曜日とか月日の感覚がなくなってきます。
天候には敏感になるのですが、特に休みもないので
上記の間隔は、もっぱら、毎日行っている温泉に頼っています(笑)

この温泉、水曜日が休みなので、「ああ、また明日は休みだなあ」
とか、連休や、盆・正月になると、帰省してきた人がいっぱい来たりします。

それで、「ああ、正月だなあ」とか感じるわけなんですね

で、ここ数年、盆とかゴ-ルデンウィ-クとか。正月になるのがやけに早く感じます。
昨年は、年末に背中を切り、31日からは大雪です。
何か、それがほんの2~3ヶ月前のような気がしています。

まあ、思っているよりも、人生は短いという事なんでしょうね。

もっとも、東北や特に福島の方にとっては、とんでもなく長い一年だったのではないでしょうか?

同じ国民として、少しでも苦しみを分かち合えたら
と引き続き思います。

013.jpg

ところで、今年の年末は、本当に穏やかな天候になっています。

012.jpg

ほうれん草も、ほんの少しですが、成長しています。
トンネルをかければ、少しは成長が早まりますので
明日、試験的に、トンネルらしきものをしてみようと思っています。

014.jpg015.jpg

トレビスです。寒さでかなり赤くなってきました。
チンゲン菜も、肉厚になり、雑草も元気に育っています
まるで、自然農法になってしまっています。

016.jpg

もっとも、雑草そのものも、おいしそうな色になっています。
これは、ホトケノザ、春の七草ですので、食べることが出来ます。

パセリのような香りで、苦味や臭みのない野草です。
まあ、雑草ですので・・・ご希望があれば、お送りします(笑)

017.jpg

小松菜が復活してきました。
霜にも打たれ、寒さの中で育ってきていますので
肉厚で、甘く、味が濃いです。

見た目からして、まるで普通に売っているものとは
違うでしょう。
こういう姿が、本来の冬野菜です。

018.jpg

と、ぽかぽかとしたいい陽気の中、収穫していたら・・・

上空に、飛来した航空機がケムをまき
30分後には、一面乳白色の空になり、この有様です


少し薄雲がかかったときとは、太陽光の拡散の様子がまったく違います。
暖かさも、まったく異なります。

こういった、隠された悪事も、これからどんどんと明らかに
されていくんでしょう。

そう期待したい、年末でした

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/17013938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2011-12-30 22:17 | 野菜栽培 | Trackback