エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

より、甘くなってきました!


今日は、久しぶりに晴れました
気温は低く、夕方にはかなり冷え込みますが
日中、少しでも日が出てくれれば、体もかなり楽です。

このあたり、やはり年ですね(笑)

001.jpg

連続して冷え込み、少し晴れ間があったおかげで
葉物が、とても甘くなってきました。

上の画像で、分かるでしょうか?
一番外の葉っぱが黄色みを帯びてきて
養分が下に降り、新たに新しく葉っぱを出しています。

新しい葉っぱは、生命感あふれる、力強い葉っぱです。
霜にあっても凍らないように、糖分を十分含んでいるので
とても美味しいです。

002.jpg

こちらのほうが、色がよく分かりますか?
こういう風に、黄色みを帯びてきたころが
冬野菜の葉物は、もっとも美味しいんですね。

003.jpg

しつこいですが(笑)こういう風な状態のものが
美味しいです。

収穫するときには、こういうものを選んでいます。
多分、これから3週間くらいが最もおいしい時期に当たると思います。

日照が続くと、これがあるとき、突然、葉っぱにつやがなくなるんですね。
それが、とう立ち準備を始めた合図です。
そうなると、葉っぱの養分は、今度はつぼみに集中することになりますので
葉っぱの味は落ちてきます。
また葉っぱ自体も、今度は虫に食べられないように
苦味が加わったりするんですね。

自然というのは上手くできているものです。

ちなみに、いつこの野菜が美味しくなるか?というような知識は
八百屋さんや、バイヤ-はまず100%知りません。

というのも、そういう風にピンポイントで食べごろを知っている
農家というのも、これまたほとんどいないからです。

これは驚かれるかもしれませんが、農家というのは
美味しさには、ほとんど関心がないんですね。

関心があるのは、いつできるか?(これが単価にかかわります)
その上で、どれだけできるか?(これで収入が決まります)
少し譲って、規格内のものをどれだけ作るか?なんですね。

間違っても、「美味しさ」というような雲をつかむような
勝ちには関心がありません。
美味しくても、美味しくなくても、同じ形をしたものであれば
単価は同じですので、そんなわけの分からんことよりも
いかにして、一日に多くの量を出荷するか?

こういうことを考えるんですね。

これは当たり前です。

いつとれば美味しいのかなあ?とか
美味しい野菜を作るにはどうしたらいいか?
などと考えるのは、素人の趣味の範囲です。

その意味からも、うちの野菜は、家庭菜園の延長ですね。
ですから、収獲する際にも、大きさの規格なんてまったく考えません。
(例えば、小松菜なら小松菜で、茎の長さが何センチとか葉っぱが何枚以上とか
決まっているんです。 ばかばかしいことですが・・・笑)

で、こうして、収獲していると、やはりパスタが食べたくなります。

新年になってからも、高菜とイカのパスタが、毎日続いています(笑)

004.jpg

これまた、毎日続いていた、マルチはぎも、あと1本だけになりました

マルチが埋まっているところを、こういうフォ-クで
掘り起こしながら、はいで行きます。

今年は雑草の根が張るまでに、出来ましたのでかなり楽でした。


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/17047112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-01-08 00:37 | 野菜栽培 | Trackback