エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

今週末からアスパラ販売開始します!


今週末から、アスパラ販売開始します

アスパラの出口が見えてきました
よかったよかったです

002.jpg

畝の整形は全て終了しました。

006.jpg

1ヶ月ぶりに、潅水ホ-スを下ろしました。

これをまっすぐに、そして、畝幅全体に均一に水が飛ぶように
調整していきます。

ホ-スだけでも、50メ-トルで30キロほどの
ゴム製の丈夫なホ-スです。
ここに水が入ると、100キロ以上になるのではないでしょうか?

初めからきちんと地面を整えていないと傾いたりして
均一に水が飛ばなくなります。

そうなると、アスパラの生育も揃わないので
後々、いろんな障害が出てくるようになります。

005.jpg

丈夫なホ-スなんですが、唯一の欠点は
長年使用していると、縮んでくることです。

2~3年使ったあたりから、急速に縮んでくるようになりました。

今年もまた、1メ-トルくらい縮んでいたようです。

007.jpg

そこで、こういったVP管を入れて、つないで少し延長します。
このホ-ス専用のソケットもあるのですが
手配しなくちゃいけないし、何よりも高くつきます。

支障が無いものは、このように何でも工夫して乗り切ります。

008.jpg

つないだあとは、水を出して、ホ-スの角度の調整と
ノズルのつまりのチェックです。

結構、ノズルが詰まって、水がでないものがあり
そういうものはノズルをはずして、掃除して、きちんと水がでるようにします。

1本で4~5ありますので、手間もかかり
また、水をとめて作業しませんので
下手をすると、ずぶ濡れになってしまいます。

まあ、はじめにきちんと仕事しておけば
あとになって楽になりますし、成果もでます。

例えば、田んぼなんかもそうで、田植えの前に代かきというのをします。
そのときの出来具合や、ていねいさで、あとの稲の生育がまるで変わって来るんですね。

土地がきれいに均平になっていますと、水を入れても水深は一定になります。
そうすると、水の温度もほぼ揃いますし、肥料の効き具合も
均一になり、イネの高さも揃っていい出来になります。

稲刈りも楽になりますし・・・といい循環なんですね。

ところが、雑にすると、水深も一定せず
まるで逆になります。

また、水を張っても、土がでているところがあったりすると
そこは雑草が生えるようになりますし
そこに水がかぶるようにすると
今度は、低いところの水深が深くなりすぎて
生育不良になったりする。

何でも、手抜きせずに、そのときそのときにやるべきことを
きちんとすることが、もっとも大切です。

ちなみに、私自身は代かきは出来ません。
もっともトラクタ-は乗れますが、きちんとした仕事が出来るほど
の技量はありません。

なので、米つくりの作業は全て頼むんですね。

001.jpg

ところで、今日もほんの少し、アスパラが出始めていました。
これは今日の朝、でたものでしょう。

昨日から、生暖かく4月上旬の気温になっています。
ただ、晴れてはいませんので、地温は本格的には上がってはいません。

だから、まだまだ眠っている状態です。

でもこの暖かさで、少し目覚めてくるかなあと
思っています。

今週末、最低気温が0度まで下がる予報ですし
来週も、まだまだ寒い日がありますので
ハウスを閉めこんで、蒸しこみするのは
もうすこしあとにしたいのですが・・・

ホ-スのチェックで、水も与えていますから
2~3日後ちらほらでてくるかもしれません。
目覚め始めたときに、また寒くなって・・・
調子を崩してしまうのがいやなので、出来れば25日頃まで
引っ張りたいのですが・・・

という事なので、いつから出始めるかわかりませんが
早ければ、下旬からでてくるかもしれないので
今週末から、ご注文を受けようかなとなったわけです。

ご期待くださいね

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/17197512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-02-14 22:07 | アスパラ栽培 | Trackback