エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

アスパラ準備、最終段階です


アスパラの準備作業、最終段階に入ってきました。

012.jpg013.jpg

真ん中のネットを張り終わりました。
でもこのままでは、つり橋のように真ん中あたりが
下がってしまいます。

ネットの両端の、ハウスバンド(の紐)は
畝の両端に打ち込んでいる鉄パイプに結んであります。
体重をかけて、引っ張って結んでいますが
立茎以降、アスパラの枝や葉っぱが乗りますので
このままでは、地面すれすれまで
垂れ下がってしまいます。

016.jpg

そこで、イボ竹に、紐で結んでいきます。
そもそもイボイボにひっかるようにもなっていますが
とてもそんなものでは持ちません。

018.jpg

これが結び終わったあとです。

この作業、まだしなくてもいいのですが
ハウスを閉めこんだあとだったら、ハウス内の温度は
40度近くにもなりますので、とんでもなく大変な作業になります。

wakamono03.jpgwakamono01.jpgwakamono02.jpgryourininn01.jpg

これは、2年前の2/18の写真です。
もうこのときは、出始めていたので、ハウスを閉めこむ必要がありました。
まだヒモで固定していなかったので
若い衆に手伝ってもらった時の様子です。

外気温は10度そこそこでしたが、晴れるとハウス内はこんな状況です。

また、5月の立茎になると、いつから立茎仕様というのではなしに
ある日の収穫状況で、「今日から親を立てよう」となり
1週間もすれば、紐で結べないほど茂ってきます。

またそのときには、いろんな作業が目白押しになってきますので
出来ればこのときにしたい作業です。

うちの場合は、ネットを2段にしていますが
これが1段だけなら、もっと高い位置にネットを張ります。
垂れ下がっても、地面すれすれという事も無いので
簡略化できます。
そのほうが効率的なんですが
ネット一段だったら、今度は上にあまり伸ばさないという事になります。

秋以降の養分寮が格段に違ってくるんですね。

で、こういう面倒なことをいまだにしています。

ちなみに、ネット2段にしているアスパラ農家は
少数派です。

打ちの春のアスパラ、格段に甘いですが
このあたりも、影響していると考えています。

なんでも手抜き無しに、適期に作業しておくことが
大切です。

もっとも、アスパラについては、ていねいに作業しますが

007.jpg

露地作物については、手抜きです(笑)
トンネルもこのとおり、ビニ-ルをかぶせて、重りをのせただけです。

こちらは、自家用作物と同じですので
出来なくなってもいいというスタンスです。

もっとも、味にはやはりうるさいですが
病害虫にやられたら、それでおしまいというスタンスです。

労力も意識も、アスパラのほうに80%です。
そちらが本業です。

009.jpg010.jpg

ちなみに、となりの畑のトンネル準備です。
きちんとしています。
うちでは、これがアスパラハウスという位置づけです。

これカボチャの植え付け準備ですが、例年ならもうトンネルの中に
かぼちゃが茂っていて、晴れたときにはトンネルの寒気をするくらいに
成長しています。

やはり大幅に遅れています。

005.jpg006.jpg

今日も、5~6度そこそこの一日です。
また地温も6~7度といったところです。

例年なら、最高気温は15度くらいですから、10度も低い毎日です。
真夏で言えば、33度くらいある真夏の時期に、23度くらいの毎日が続いている
ということですから、何も満足に育たないわけです。

001.jpg019.jpg

そういう中でも、アスパラはぽつぽつと出始めてきています。
ハウスは開けっ放しですので、露地のアスパラと同じ状態です。

まだ赤いので(気温が低いから)2~3日前に萌芽し始めたものでしょう。
もう目覚めて、うずうずしているといったところです。

004.jpg

ここまで伸びているものもあります。
これは多分4~5日前にでたものです。 

003.jpg

頭が白いのは、バ-ナ-焼きのときに、熱に当たったためです。
ですから、1週間くらい前に出たものでしょうか?

002.jpg

次々に出始めています。

今度晴れたら、もうハウスを閉めこまなくてはいけないかもしれません。

閉めこんだあと、また温度が下がって、だらだらすると
調子を崩しますので、できれば、少し安定して晴れの日が続くタイミングで
閉めこみたいのですが、どうなるでしょうか?

ちなみに、今の時点で出始めているアスパラは
温度も、水も与えていませんので
甘いけれども、苦味があったりして商品としては出しません。

本日、上記のような赤いアスパラ、たまたま足に引っ掛けて
折れてしまったので、ゆでて食べましたが、満足の行く甘さで
栗のようでした

閉めこんでから、最低でも4~5日後くらいから出始めたものが
プレミアムとして、少しずつ出し始めることになります。

今週後半の天候が少しよければ、3/2頃から採れるようになる
可能性もあります。

※ 北海道やその他全国のアスパラ農家さんも見ていらっしゃるようなので
少し、専門的ですが、栽培の仕方について、詳しくのせることにしました。


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/17216814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-02-19 21:57 | アスパラ栽培 | Trackback