エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

つぼみが出来始めた


昨日の、4月の陽気が効いたのか
小松菜・白菜・タ-サイなどのつぼみが出始めてきました。

001.jpg

昨日散々収獲したはずのカリフラワ-もまたまた、バブルになりました。
延々、4時間収獲し続けて、嗜好停止状態でした。

紫カリフラワ-はほとんど採りつくしたので
この緑色のカリフラワ-と、ロマネスコです。

紫カリフラワ-もそうでしたが
いずれもイタリアの種なので、品種が違うせいか
あまりもそもそとしていません。
もともとカリフラワ-はあのもそもそとした食感が嫌いなので
よく分かります。

いつ耕しに来てもおかしくはないので
あとは時間との競争です。

耕してしまうと、当たり前ですが、つぶしてしまいますので
出来れば収穫できるものは、収獲して、お届けできればと思っています。

本当は、出来始めたつぼみ、これが春の楽しみでもありますので
これもお届けしたかったんですが仕方ありません。

こううんを依頼している方は高菜の収獲待ちなんです。
今年は高菜の生育が遅れているため、成長具合を待って
収獲します。

その後すぐに耕して、カライモを植えつけるんです。


反別(面積)が10町近くあるため高菜の収獲にしても
カライモの植え付けにしても、全てやり始めると
2~3週間かかります。


当然雨の中では作業できませんので、天候と生育状況を見ながらの仕事になります。

で、それが始まるまでに出来ればこちらをこううんしたいのですが
カリフラワ-がまだでしたので、少し待ってもらっています。

また、こちらとしては3/10くらいがベストなのですが
そのころは間違いなく、相手の作業が始まっています。

それが終わるのを待っていると、今度は、マルチ張りが遅くなってしまい
種をまいたりしても、高温になりすぎて、夏野菜が出来なくなってしまいます。

ということで、ある程度のところで、めどをつけて
早く耕してもらうことになるんですね。

天候を見ながら、当日急遽耕すということになりますので
いつまで野菜が収獲できるか、分からないんです。

まあ、こういうのも、自分でトラクタ-を所有していれば
何の問題もないんですが
そうなると、千万単位の投資になりますから
これまた、問題です。

005.jpg

ところで、昨日は、気温も高く、また、珍しく終日晴れましたので
さぞハウスの温度も上がっているんだろうなあと思っていたら
やはり、最高51度、今朝の最低が0度でした。
薄曇の天候の今日の午後1時のハウス内は、35度です。

最高50度というのは上げすぎです。
もっともアスパラがほとんどでていないときであり
蒸しこみの初日ですから、まだ大丈夫です。

新品のハウスビニ-ルの威力はやはりすごいですね。

アスパラが出始めると、最高でもせいぜい30度にしなくてはなりません。

ところで、野菜セットですが、あさってには全て発送終了になります。
その後畑を耕すまでは収獲できますので、こまめに
2セットとか3セットとか追加販売できるかもしれません。


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/17234959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-02-24 17:53 | 野菜栽培 | Trackback