エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

本当に必要なもの


今日は知覧に行ってきました。

003.jpg004.jpg

今日は天候も悪く、アスパラも朝一番に収獲せねばならないほど
温度も上がっていませんし、明日、料理屋さんが大挙してきますので
野菜も収獲できない。

なので、午前中、前から行きたかった、知覧の特攻平和会館に参ってきました。
本当は続いて、靖国神社に行きたいのですが。

昨年の3月以降、不条理なことばかり続き、本当にこの国は
どうなってしまうんだろうと、考えています。

少しでも、どう生きるべきかということを再確認したかったんですね。

誰がなんと言おうと、こういうご先祖に守られて、今の日本があります。
折り目正しく、勤勉で、優しい優秀な大和民族
それが失われようとしています。

やはり昔の日本人は、素晴らしかったですね。
たかだか、100年もたたないうちに、このような国にされてしまった。

もう手遅れかもしれませんが、再出発しなければと思いました。

昨日のエルピ-ダではないですが、まだほんのスタ-ト地点かもしれませんね。

何にもまともに報道されないうちに、猛烈な放射能汚染が広がり
貧乏な国に落ちて行っています。

グルメがどうのこうの、ブランドがどうのこうの
というような時代はもう終わり。

宴が終わったことが、今年中にも、だれの眼にも
明らかになるんではないでしょうか?

否応なく、「生きていくうえで本当に必要なものは何ですか?」
ということの判断を迫られる、毎日になりそうです。

何が何でももう一度、再興しなければなりませんね。

ところで、時代が変わったというと
とうとう、富士重工の軽自動車の生産が終了しましたね。
一つの時代の終わりです。

日本の自動車メ-カ-の中でも、愚直にいい車を作るのは
スバルしかありません。
やはりこういうのは、企業のDNAみたいなものでしょうか?

本当に、40年前ころは、ホンダやソニ-もいいメ-カ-だった。
働いている方も、プライドを持って働いていたように思えました。
シマノなんかもそうですね。

でも今はもう変節してしまったというか・・・

でも富士重工は、やはり北関東の田舎に本社があるからでしょうか
ずっと、まじめで不器用なことで知られています。

車も、見えないところにまできっちりコストをかけて
作っています。
ですから、うちは軽トラも(今はないですが)
今乗っている箱バンも、サンバ-です。

もう買えないんですね。

今乗っているサンバ-も50万キロくらいまでは乗るつもりでいます。

だから、この箱バンを、フェラ-リと交換してあげるといわれても
要りません。
そんなもので、あぜ道は走れませんし、肥料も積めない。
今の私にとっては、まったく価値のない車なんですね。
だから要らない。
もっとも、だれもそんなこと言わないでしょうが(笑)

こういうことって、大切なんじゃないでしょうか?
自分にとって、あるいは、人間として、本当に必要なもの
大切なものは、何なんでしょう?ということが

そういうことを、考えさせられた今日一日でした。

ということで、今年も、あっと驚くようなとか
有名シェフ御用達とかではなく、食べて本当にほっとするような
毎日でも食べてみたいと思うような、アスパラを今年もお届けしたいと
思っています。

明日から、最低気温もかなり上がってくる数日間で
なおかつ、雨が降りそうですので、湿度も十分
プレミアムとして、発送できるものが収獲でき始めると思います。

明日、行ってみないと分かりませんが、多分、あさってから
プレミアム(この名称も変えたいのですが)アスパラ
発送し始める可能性が高いです。

今年もまた、堪能してください


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/17251233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-02-28 22:18 | アスパラ栽培 | Trackback