エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

今年は吊るしてみた


雨をもらったので、インゲンときゅうりがバブルになってきました。

ナスとピ-マンも、遠からずバブルになると思います。

ですので、ヤングコ-ンもあり、本日から野菜セットの発送数が
5セットになっています。

今年はどうもオクラが不調なのですが
ナス、きゅうり、ピ-マン、トウモロコシと来ると
後は夏野菜の定番、トマトだけです。

料理屋さんに野菜セットをいっぱい送っていることだし
野菜セットにも、トマトを入れれば喜ばれることは間違いないのですが
どうも、トマトとは相性が悪いようです。

食べるのはすきなのですが、今まで、ほとんど上手く作れたためしがありません。

ハウスもあるので、雨よけ栽培で作ることはたやすいのですが
トマトだけは、苦手です。

というか、実のなるものは全般に苦手なんです、実は・・
実のなるものは、整枝や誘引を行わなくてはなりません。

ところが、支柱を立てたり、ネットを張ったり、誘引したり
というのが、どうしても面倒くさい。
そういう作業は、ダメなんですね。

だから、カボチャやきゅうりナスなんかも
全て、放任栽培に近いものがあります。

きゅうりも、地這いですし、カボチャも、子づるを何本伸ばして
何節目に実をならせるとかあるんですが、もう既に、わけが分からなくなっています(笑)
だから、伸びたいものはそのまま伸びなさい、実をつけたければつけなさい
みたいな、栽培なんです。

で、まあ、きれいに実が出来たら、それは商品にできるでしょうと(笑)

こういうのって、やはり、好き嫌いなんでしょう。
アスパラも、腰をかがめて、場合によってははいつくばって
暑いハウスに入り、整枝を行わなくてはいけません。

でも不思議と、苦にならないんですね。
むしろ、やり始めれば、アスパラと対話しながらの作業ですから
暑さや、足腰の痛さは忘れて、夢中になって仕事をしています。

やった後は、きれいになりますので
むしろ楽しい作業です。

でも、他の作物の農家に言わせたら、よくやるなあと・・・

やはり、仕事というのは、好きで好きでたまらないものを
選ぶのが、鉄則なんでしょう。

多分、昔はそうだったんでしょうね。

いつのころからでしょうか?
多分、高度成長以降かなと思いますが
「お金が儲かること」がもっとも最上位の価値になって
世の中おかしくなってきたのではないかと思います。

ところで、やはり今年も、ひっそりと、トマトを植えています。
上手くできるかどうか分からなかったので、書いていませんが
ミニトマトの、アイコとイエロ-アイコです。

007.jpg008.jpg

せっかくのハウスなので、今年はプロのように(笑)
上から紐でつるしてみました。

便利なものがあるものです。
こういうやり方なら、誘引も簡単です。

びっくりですね。

で上からつるせるところなら、どこでもいいだろうという事で
家の周りの、木の下に植えることにしました。
(こういうところはどこまでも、手を抜くんですね 笑
このあたりがやっぱり、好きではないからかも知れませんね)

木の下はすべて、腐葉土、雑草も生えていますので
まるで自然農法です。

上手くできれば、美味しいかもしれません。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/17630914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-06-08 00:10 | 野菜栽培 | Trackback