エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

近況あれこれ


またまた、暑くなってきました!

今年は冷夏と思っていたのですが、これは、予想が外れました。

001.jpg

乾燥に強い、ピ-マンが今絶好調になってきました。

今が、1回目のピ-クですが、これで成り疲れがでて、2回目のピ-クあたりで
終わりになると思います。

1回目のピ-クなので、やはり美味しいです。

何の追肥もせず、自然のままの生育に任せていますので
やはり1回目のピ-クのころはもっとも勢いがあり
(だから、ピ-クなのですが)
もっとも健康なため、へんな味がしません。

004.jpg

これだけの干ばつと、猛暑にもかかわらず
カライモは元気です。

11月ころの収獲でしょうか?
それから、1~2ヶ月ほど寝かせて、年末以降に食べられます。

つるボケ(肥料分が多く、つるばかり茂ること)
しないで、ちゃんと採れればいいのですが・・・

009.jpg

アスパラ、これがもっともまともなハウスです。

半分くらいのハウスは、かなり黄色くなり、このままではまずいので
収獲せずに、追加立茎しています。

全刈りすると、かなり弱りますので、追加立茎で
9月以降養分をためてもらうことにしました。

追加した茎葉に伝染すると、来年はアウトです。

追加立茎しているハウスについては、今年の収獲は期待していません。
何とか、10月の時点で、緑色になっていればいいのですが

002.jpg0033.jpg

秋冬野菜の苗つくりも、進んできました。

今年も1月以降は寒さで、野菜の生育が止まりましたので
12月収穫を目標に育てています。

016.jpg

6年ほど使っていた刈り払い機がつぶれました。
イグナイタ-がいかれたようで、修理すると買うよりも高くなってしまいます。

まだ田んぼもありますし、集落の草払いもありますので
必要です。

015.jpg

で、思い切って買いました。
5万円近くしますが、野菜もアスパラも不調な今
5万円の出費はつらいです。

本当は、背負いのモデルが欲しかったのですが
2万円ほど高くなりますので、それは、秋野菜が出来てからと
今回は、肩掛けのものに・・・

ホ-ムセンタ-に行くと、もっと安いものがあるのですが
やはりものが違います。

バッテリ-などでも、外見はまったくおなじでも
中身は分からぬように、コストダウンしています。

なんでも「値は値」です。

高かったけれど、やはりうれしいです。

003.jpg

少し大きくなりました。

014.jpg

今回は、初めてのもう一人も・・・

012.jpg

やはり、孫だから特別可愛いという感情は、あまりありません。

どこまでもへそ曲がりなのか(笑)

私にとっては、アスパラがそのようなものかもしれません。
そう考えると、「なるほど、そりゃあ可愛いなあ」と
普通の人の感情が分かる気がします。

この子達が大きくなったときのこの国に、責任を持たなければなりません。

(おまけ)

アキヒロ、脳みそがないのか、暴言絶好調ですね。

報道されている表現よりも、もっと下品なものだったとか・・・

「日王はひざまずいて、謝罪しろ・・・」とかなんとか

ここまで、侮辱されたなら、国交断絶すべきですね。
まずは、経済制裁、そして、通貨スワップ協定の破棄
これが普通の国では当たり前でしょう。

それすらしないというなら(多分、そうなるのでしょうが)
世界の笑いものです。
笑いものではすまないでしょう。

日本に対して、何をしようが、何の報復もないとなれば
日本に攻め込んでくる国は、もっと増えることでしょう。

戦争に負けたとはいえ、ありもしない、南京大虐殺や従軍慰安婦
そんな捏造されたもので、毅然と対処しないかったから
どんどん問題が大きくなる。

そして、やはり尖閣も来ましたね。
なぜ上陸させてしまったのか?

北朝鮮の不審船と同じく、砲撃すればよかったのです。
それが世界の常識です。

今回、強制送還すれば、これは大変なことになります。
帰れば、英雄でしょうし、上陸しても何の不利益もなければ
再び、大挙して上陸するでしょう。

法令を捻じ曲げて、対処すべきではない。
それこそ、戦争に突き進む道だと確信します。

中韓ロは、時間差でどんどん攻撃してきますし
米国は、見てみぬ振りでしょう。

自国の防衛を怠ってきたツケがとうとう来ましたね。

本来なら、自主防衛がもっとも好ましかったと思いますが
この段階では、もう採るべき手は一つでしょう。

一日も早くオスプレイを配備する。
なんといわれようが、普天移設問題を辺野古で決着させる。
そして、防衛予算の倍増です。
(そもそも、防衛予算に人件費を入れているのは日本だけ。)
消費税増税分を全て当ててもいい。
(変な利権で消えてしまうのなら、こちらのほうがずっといい)

そして、憲法改正、核武装です。

この方針を明らかにするだけでもいい。

その瞬間、米国以外からの攻撃はぴたりとやむでしょう。
米国も、武器が売れれば、これは喜びます。
米国債の一部で購入してもいい。

まあ、絵空事でしょうが
そのくらいしないと、間違いなく戦争に突っ込んでいくと思います。

多分、最後チャンスでしょう。

ちなみに、中・韓ともに、経済はがたがた
内部崩壊まで時間がないですから、敵も必死でしょう。


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/17871854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-08-17 01:09 | 野菜栽培 | Trackback