エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

今日の空


002.jpg

アスパラ、あまりにも繁茂しており、このままではあと2ヶ月乗り切れそうにないので
通路部分の刈り込みを開始しました。

これで少しは風が通るようになります。

ただ、アスパラにとっては大手術のようなものですので
きられたショックで、弱るリスクもあり、また切り口から
病原菌が侵入する恐れもあります。

アスパラの収獲も、うまく行ってもあと1ヶ月
地温が20度を下回れば、萌芽しなくなります。

これは本当に見事なもので、ある日突然、ほとんど収穫がパタッとなくなります。

ですので、普通は、あと少しでも収獲するのが当たり前です。
この段階で、こういう風に刈り込むと、しばらく収穫が止まりますので
大体、9月以降、茎葉をいじるのはご法度です。

この段階で、切ったほうがいいのかどうか
悩むところですが、90%以上、来年のことを考えて
切ってしまいました。

003.jpg004.jpg

今日もにぎやかでした(笑)

こういうのを見ると、明らかに民間機の飛行機雲ではないでしょう。

005.jpg

20分ほどの間に、どんどん飛んできて
20機以上の飛来でした。

007.jpg

1分後にはこのように拡散しますので
いつも屋外にいる人でなければ、やはり気がつかないでしょう。

いつも屋外にいて、飛行機が来たら必ず見上げ、そして、カメラを持っている
そういう、バカしか、気がつかないかもしれません。

台風関連か?はたまた、火山関連か?

そういえば、一昨日から、桜島、俄然元気になっています。
東風で、こちらまで灰が降るようになってきたので、困ったものです。

008.jpg

こういうのもありました(笑)

どうせなら、オスプレイで散布して欲しいなあ・・・と
(オスプレイ、見たいです!できれば、乗りたいなあ・・と)

ところで、野菜セット、ご注文有難うございます。

このところ、このブログも、少し異常になってきているので(笑)
まずいかなあと思っていたのですが・・・
見捨てられなくて、よかった、よかった です。

もっとも、書いていることは、心の底から、そう思っていることなので
まあいいかなあとも、思っているのですが。

昨日、世界のドキュメンタリ-という番組で
ドイツの放送局制作の番組が放映されていました。

中国では、毎年2万人の幼児が誘拐されているとのこと
2万人ですよ!2万人!
それも、昔のことではない、今現在のことです。

もちろんこういうことは、すでに知っていましたが
日本では、絶対に報道されない。

で、何のために?
人身売買です(一説には臓器売買もかかわっているという話もある)
人身売買は、紛れもない事実で、おおっぴらに、「子どもを買う」という
慣習が存在し、何も秘密のことでもない。

現在でも、買う側は罰せられないとのこと
というか、「それが何で悪いんですか~?」と
あっけらかんとしたものです。

どんな国やねん!でしょう。

平気で嘘はつくし、金のためにはなんでもする
そういう国が相手だということを、認識すべきです。

今日も、国連で、尖閣は日本が盗ったとまで明言してしまった。

毅然と、粛々と、対抗措置をすべきです。

前にも書きましたが、日本が譲歩することが、「前に来た道」です。

「相手を刺激したら戦争になる」というバカがいますが
外交は「武器を使わない戦争」です。
というか、もう戦争状態に突入してしまっています。
武力衝突は、時間の問題でしょう。

そもそも、公船が領海を侵犯して、出て行かない状況という
こと自体が、宣戦布告と同じです。

日本以外の国でしたら、どんな小国でも、その段階で
警告射撃、それでも従わない場合には、撃沈されても
仕方がないというのが、国際常識です。
中国も、日本の公船が排他的経済水域に侵入し
そのまま領海侵犯し、出て行かない場合は撃沈すると
明言しています。

外相が相手国に対して言い訳をしたり
挙句のはてには、財界トップが、わが国の首相の批判をしたりする。
ビジネスが・・・というと聞こえはいいですが
単に、金に目がくらんでいるだけの話でしょう。

アジアには、もっとまともな国がいっぱいあります。
それも、中国・韓国に困らされている国が・・・
そういう国家は、日本に期待しているわけですね。

そういう国と、連携して協力関係を築けばいい。

今年の新米について、お問い合わせもたくさんいただいています。
稲刈りは7日の予定です。
どれだけ採れるか、判明後、販売できたら販売しますので
よろしくお願いいたします。

もっとも、量はほんの少しですが。


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/18014278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-09-29 00:43 | 野菜栽培 | Trackback