エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

近況


今日の畑です。

024.jpg

カラカラに乾燥しています。
このようにホ-スで、24時間水を流しっぱなしです。

027.jpg029.jpg

ハウスの両側の両側の畑はこういう感じです。

かなり緑が目立ってきました。

026.jpg

ロマネスコ、茎が太くなってきました。
倒れる心配がないので、今度は新しい葉っぱがどんどんでて、上に伸びて行きます。

多分、収獲は12月、一個収獲すると終わりなので、考えると不経済な作物です。

030.jpg

高菜の苗、大きくなりますので、もうそろそろ抜き取って、改めて定植します。

031.jpg034.jpg

根物も太り始めました。

赤カブと紅心ダイコンです。

カブの葉っぱは味が濃いので美味しいです。
赤カブは、少し酸味がありますので、パスタに重宝です。
ダイコンは、少し苦味があり、それもまた美味しいです。

035.jpg

芽キャベツ、これは10月下旬でしょうか?

036.jpg

アスパラ菜、これは年内継続して収獲できます。

037.jpg

白菜の第一弾、心の方は巻いて来ました。
11月中旬です。

039.jpg

1個だけ種があったので、播いてみたズッキ-ニ、寒くなってきたので
実がなるかどうか分かりません。
(夏野菜なので)

033.jpg

小松菜を食べるヨトウムシ、手でつぶします。
放っておくと、一日で葉っぱが穴だらけになります。

040.jpg

今になって、穴だらけになってきたからイモの葉っぱ。
これから光合成した養分が、夜の冷え込みで、芋が太ります。

葉っぱがなければ光合成できないので、こまりものです。

ただ、もう1ヶ月もない上、夜はかなり冷え込んできましたので
何とか大丈夫かなと、考えています。
(南方系の虫なので、あまりにも寒くなってくると弱って死にます)

これが1ヶ月前なら、薬しかないのですが
何とかいけるでしょう。

聞くところによると、乳酸菌でも弱るらしいので
明日散布することに・・・

041.jpg

これが、自家製の乳酸菌。

米のとき汁に、牛乳を入れて、1週間で出来上がりです。
温度が低いときには、市販のヨ-グルトを入れます。
(ブルガリアヨ-グルトがいいです)

ほとんどただみたいなものなので、頻繁に作って
ハウスにも、潅水の際にまき続けています。

020.jpg

今日のアスパラハウス、何とか大丈夫でしょう。

11月になれば、もう大丈夫ですので、あと3週間です。

病気の予防には、殺菌剤はもう使いません。

これも、今の状況なら、乳酸菌や納豆菌の散布で
病原菌を押さえ込むことが出来ると判断しています。

とにかく、元気で、光合成を活発にし、夜の冷え込みで
養分をおろす、これが唯一の方針です。

021.jpg023.jpg

地温がまたまた、20度を割ってきました。
最低気温は10度を少し割るくらい、最高が35度です。

で、朝10時頃までと午後2時以降は、25度前後、日照あり
という、光合成に最適な気候になってきています。

022.jpg

もうあまりでませんが、でるとこのようにきれいなものが
目に付きます。

でも、あと1週間くらいでしょうか?


稲森さんの自家用米ヒノヒカリ10キロを精米当日に発送します。追加販売は出来ませんので、お早めに!!【送料無料】【50セット限定】稲森さんの天日干しの自家用米 24年度産


毎年販売して、大評判の新米です!ヒノヒカリ10キロを精米当日に発送します。追加販売は出来ませんので、お早めに!!【送料無料】【20セット限定】自家用新米のおすそ分け!特別栽培米10キロ

どちらも、少しずつなくなってきています。

追加販売は出来ませんので、よろしくお願いいたします。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/18061675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-10-13 00:23 | 野菜栽培 | Trackback