エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

二番塩、販売します



003.jpg

今日も、アスタマさんが野菜を採りに来ました。

ずっと火曜日に来てもらっているのですが、このころは葉物野菜の種類も増えてきましたので
いっぱい持って帰ってもらっています。

以前は、平田シェフが原付で来ていたのですが
1ヶ月ほど前からは、松山君の車で来れるようになり
満載で帰ることが出来るようになりました。

以前は、松山君も同じ店だったのですが
今は、別の店で働いています。
(この業界ではよくある話です)

でも、以前上司だったシェフとこのように
付き合っていられるというのは、なかなかありません。

この3人の笑顔を見ても分かるとおり
本当に気持ちのいい店で、今は、野菜を使った料理がいっぱいでています。

やはりパスタなんかは、野菜炒めの中に麺があるような使い方らしい(笑)

いいことだと思います。

アスタマニャ-ナ 〒890-0054 鹿児島県鹿児島市荒田1丁目58−18
          099-258-9018

松山君のほうはこちらのお店です。

トラットリア VINO 〒892-0841 鹿児島市照国町2-3
          099-210-7838

アスタマさんのほうには食べに行ったことがありますが
VINOさんはありません。

VINOさんは新しいお店らしく、でも、野菜たっぷりの料理が食べられると思います。

何せ、今日も、ごみ袋にビニ-ル袋6~7個分くらいもって帰ってもらいました。
とにかく、どれだけもって帰ってもらっても、3000円です。
送る手間もないし、収獲する手間もない、そして、納得のいくものを
納得する量で、もって帰って貰いますので
こちらとしてもいろいろと、気を遣う必要がありません。

おまけに、毎週来てもらっていれば、状況もよく分かりますし
もっとも美味しいものをもって帰ってもらえる。

そのために、量や品物にかかわらず3000円にしています。
ただし、アスパラは別ですが・・・笑

ただ、これだけの新鮮な、それも無農薬野菜を購入しようとしたら
(店では購入できませんが)
多分、1万円以上すると思います。

アスタマさんも、この前もって帰ってもらった野菜を
3日で使い切ったとか!
これは異常な使い方です(笑)
しかし、それだけ使うと、間違いなく味は別次元もものになります。

そして、そういう使い方は、普通のレストランでは絶対に出来ません。
コスト的にまったく採算にのりませんから・・・

毎週採りに行っている、新鮮な無農薬野菜を、これだけ使っています。
となると、価格を上げたくなるんですが、アスタマさんは
リ-ズナブルな価格です。
野菜を膨大に使った、ミネストロ-ネが400円だとか!
すごい人気らしい。
そりゃあそうでしょう。

食べたことはないですが、多分、1000円でも
価値ある味ではないかと思います。

こういうのって、いいと思います。

よく、「付加価値をつけて、差別化を図る」などといいますが
付加価値というのは「付ける」物ではなくて「感じてもらう」ものではないかと
思うんですね。
決して、売る側がつけるものではない。

それを付けようとするから、うまく行かない。
その結果、広告代理店や、訳の分からんコンサルタントに食い物にされるんです(笑)

前から、面白いなあと思っていたことがあります。

日経の広告欄に、「100円のコ-ラを1000円で売る方法」という本の広告があって
売れているらしい。(本当かどうか分かりませんが)

まあ、書くほうも?なら、そんな本を買うほうも?ですね(笑)
100円のものを1000円で売っちゃあ、ダメでしょう!と・・・
まだ、200円とか300円なら分かります。
ぎりぎり、500円でしょう。

10倍といえば、ぼったくりでしょう。
もっと言えば、詐欺みたいなものです。

そんなのが、長期的にうまく行くはずがない。

もっとも、この本の著者は、結果はどうでもいいのかもしれません。
この本が売れさえすればいい。
当たり前ですね(笑)

とにかく、自分の利益ばかり考えていたら、長期的にはろくなことがない。

付加価値を「付けよう」とするから、ともすれば
行き過ぎて、詐欺まがいになってしまったりする。

ついでに言えば、この本の広告の横に
安売り洋服屋の創業者の本も、でていました。

国を憂いて、日本はこのままでよいのか?
らしいです。

中国の暴動の際に、「尖閣は中国の領土だ」と媚を売った会社ですね。
自分の金儲けのほうが、自分の国の主権よりも大切な人なんですね。

憂国といいますが、この国は「日本国」ではないのでしょうね、この人にとっては。

社内公用語も、英語にしましたし、社員の過半数は
外国人にするといっていますから
どうせなら本社も移転して、日本から出て行ってもらいたいですね。
と、この会社のフリ-スを気ながら、書いていますが。
(昨年、買ったものです。念のため  笑)

おっと、話がずれてしまいました。

とにかく、お客さんが喜んでくれるだろうと
休みの日に、野菜を採りに来て、魚も仕入れていったり
そういう人が作る、料理は幸せな気持ちになるのではないでしょうか?

ところで、平田シェフから、今日、塩炊きをしていると聞き
(アスタマさんも、勧めてから、ずっとここの二番塩なんです)
塩屋さんに行ってきました。

005.jpg006.jpg007.jpg008.jpg009.jpg

しばらく、事情があり、あまり塩を炊けなかったそうですが
これからは定期的に出来るらしいです。

特に、二番塩は人気らしく、今回もどのくらい買えるかわかりませんが
予約してきました。

ですので、明日から10個限定ですが、販売します。
野菜セットとの同梱専用です。

じゃあ、購入できる野菜もなければまずいなあということで
野菜セットも、5セットだけですが急遽追加しておきました。

明日の20時からです。
よろしくお願いします。

ただ一つお願いがあります。
次回からは二番塩は
200円値上げして、1400円にさせていただきます。

塩屋さんも、経営的に大変らしくて、二番塩の価格が
今回から、200円値上げになりました。

ですので、大変申し訳ありませんが
1200円でお分けできるのは、今回が最後になります。

その点も含めてよろしくお願いいたします。

(おまけ)
少し、大きくなりました。

012.jpg014.jpg018.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/18119472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-10-30 22:10 | 野菜栽培 | Trackback