エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

野菜セット、明日販売します!


明日の20時から、次回の野菜セット販売いたします。

今回も葉物野菜がほとんどです。
12月上旬か中旬からは、ブロッコリ-・カリフラワ-などのキャベツの仲間
そして、ラディッキオなどのレタスの仲間が出来始めます。

今年もことのほか寒いため、1月以降は霜や低温の影響で
野菜の生育が止まり、収穫できなくなる可能性が高いと考えています。

そのため、年内に、収穫できるように栽培していますので
野菜セットの販売は、今回と次回で、しばらく出来ないかもしれません。
(天候次第です)

また、かなり低温になってきましたので、今回から原則として
常温便での発送にいたします。
気温が高い場合などはク-ル便でお送りすることもあります。
常温でお送りしたため、野菜が傷んでいたりした場合には
再度お送りいたします。

また、毎回すぐになくなってしまいます、二番塩ですが
年内に少し、販売できるかもしれません。

よろしくお願いいたします。

(おまけ)

メ-ルでコメント等(ご忠告?)いただきましたので、少し書いておきます。
そりゃぁ、そうですね。
販売目的のブログに、政治のことやら、軍事独裁政権がいいやら
書いたら、まずいでしょう!(笑)
とは思うのですが、今の日本の状況、本当に心配なんですね。

もっとも、田舎の百姓が心配してもどうにもなら無いんですが・・・

でも、尖閣は近い将来、必ず盗りに来ます。
相手もそういっていることですし、今まで何十年も
自国民に対して、反日教育を行ってきた。
それも、単に反日というだけでなく
仮想敵国として、思想教育も行ってきています。
で、愛国無罪、すなわち、日本人に対してはどういう事を行っても
かまわない、ということになってきています。

その他、日本国内での様々な工作も行ってきています。

ここまできていますので、この段階になって尖閣から
一歩引き上げるという事は、間違いなく中国共産党の崩壊に
繋がります。

もちろん、こういう事態になったのも
元はといえば、日本自体が、戦後独立するという
確固たる意思を持たず、経済発展だけにまい進してきた
ことが、最大の原因でしょう。

シナに対しても、言うべきことを言わず
ひたすら、土下座し続ける態度を採ってきた事が
相手をつけ上がらせたことになってしまいました。

現在、多くの日本人が、中国に駐在し、経済発展に寄与しています。
過大な投資もし、自国の経済に悪影響を及ぼしても
中国を利するようなことをし続けています。

これ、大東亜戦争の前とまったく同じですね。

その結果、どうなったか?
多くの日本人は殺戮され、財産も取り上げられ
それが、日中戦争へと繋がっています。

戦後賠償というなら、日本がしてもらいたいくらいです。

自分の利益のためには、うそをつくのは当たりまえ
騙し、脅し、なだめてすかして、盗むのもOK、なんだったら
殺してしまいましょうか?というのが、彼らの行動です。

こういうところは、アメリカも同じですので、この点では
理解しあえるのかもしれませんね。

何も、偏った見方でもなんでもなく、事実、チベットや
東トルキスタンで、中国共産党がやっている事を見れば
一目瞭然です。
他民族に対してもそうですが、自国民に対しても
文化大革命で行ったことです。

悲しいかな、日本ではまったく報道されませんが

現在、尖閣ももちろんですが、侵攻作戦が沖縄まで着々と進んできている。
琉球独立後、編入してしまおうという作戦ですね。
それどころか、北海道でも中国の工作は、どんどん進んでいるようです。

水源地はもとより、農地は1000ヘクタ-ル単位で買いあさっているようですし
自衛隊周辺の土地も、買われているようです。
それも外国企業ではなく、日本企業、ダミ-のような怪しげなところ
でもなく、一部上場企業もかんでいるというので、驚きですね。

例えば、千歳基地の離着陸のアプロ-チ下に、ある有名な家具屋の子会社
が、中国人向けの別荘地を分譲し、即日完売だったとか・・・

頭上50メ-トルのところを、戦闘機が飛んでいく、そういうところに別荘地です。
普通ならそんなところに別荘地は造らんでしょう。
それが別荘地に向くのであれば、普天間なんかは最適な別荘地です。

もっとも、戦闘機ファン向けの・というのであれば納得いきますが(笑)
私なら、そういうところで、ハウスを建てたいと思います。
F-15 の爆音は耳に心地よいミュ-ジックですから(笑)

ごていねいに、そこには、パラボラアンテナも標準装備だとか・・・

この家具屋さん、確かに、中国国内で製造した安い商品を
日本で売りさばいて、急成長したところですね。

尖閣を中国のものだといった、安売りの洋服屋もそうですね。

あのように、あっという間に急成長するには、莫大な資金の必要ですし
中国国内で製造するにも、共産党の便宜というのも
当然ながらあるんでしょう。

その結果、日本国内ではデフレを助長し、日本国内の富はどんどん
流出してしまいます。

そういえば、辺野古移転予定地の、これまた滑走路延長線あたりの土地を
豪腕政治家が取得していたというのもありましたね。

政権をとった直後に、北京にチルドレンを率いていったあの方ですね。
国家主席でもなかった、周を皇居に連れて行ったのも・・・
やはり、中国国民の生活が第一なんでしょう。

まあ、手口を知るといかにも上手いですね。

かように、戦後60年を経て、ここまでぼろぼろになってしまった。
怖いのは、こういう事実がほとんど報道もされず
国民にもまったく知らされないままという事なんですね。

気がついたら・・・もう手遅れの可能性大であることです。

琉球独立なら、アイヌ独立というのもありでしょう。

ところで、中東では、紛争から戦争になりそうですし
そうなると、米軍も尖閣どころではなくなりますから
まずいかもしれません。


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/18177293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-11-17 23:05 | 野菜栽培 | Trackback