エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

公と私


今は雨が降り出していますが、気持ちのいい一日でした。
これで雨が降り、また晴れると、野菜の生育も一段と進みます。

021.jpg

ほうれん草、少しずつ大きくなっています。
収穫までには、10日前後かかると思います。

022.jpg023.jpg

寒さにあたり、かなり地上部がへなへなとなってきたサツマイモ。
つるが完全に枯れ上がってから掘ることにしました。

024.jpg025.jpg

芽キャベツとカ-ボロネロ、しっかりしてきました。

028.jpg030.jpg

第二弾の白菜と、かつお菜、味が濃くなっています。

031.jpg

どんどん収穫し始めている、ちりめん白菜 寒さと晴天そして、チッソが切れ始めましたので
黄色くなりつつあります。
残留チッソ(硝酸態チッソ)がきれいに消化されていますので
変な味がありません。
そして、カルシウムなどミネラル分が効いていますので
火を通すと、鮮やかな緑になります。

032.jpg034.jpg037.jpg039.jpg042.jpg045.jpg

今、本格的に赤カブの第二弾を収穫しています。
漬物にするなら、ぜひ茎葉も食べていただきたいと思って
少し小さめで、どんどん採っています。

赤カブの茎は、少し酸味があって、味わいがあります。
コカブもそうですが、カブの茎葉はうまみがあります。
茎葉を食べようと思うと、実の部分がパチンコ玉くらいのときが
もっとも美味しいです。

赤カブの茎葉はしっかりしているので、スジもあります。
ですので、漬物にするときには、細かく刻んでから漬けてください。

ビニ-ル袋の中で塩で揉んで、そのまま数日間冷蔵しておけばOKです。
そのときに、少し米ぬかを入れると、少しは乳酸発酵しますので
さらに美味しくなります。

赤カブを収穫しながら上のほうの葉っぱを切っていたら
今日はやたら、気持ちがよかった。
もっとも犬のことがありますので、心は曇ったままですが・・・

で、上の画像は、座り込んで茎をきっているときの
目線です。

気持ちよさがお分かりになるでしょうか?

1年でも数日だけですが、このような気持ちのいいところで
自分が選んだ仕事をさせてもらって、喜んでいただいた上に
お金ももらえる、農家というのはいい仕事だと思います。

アスパラも含め、野菜を食べていただいて
「こんな野菜食べたことが無い」とか「野菜の味ってこういうものだったんですね」
など、この上ないお言葉をもらうことも多いです。
中には、日本を代表する料理人の方からもいただきます。

また、「感動した」とか言うのもあり、ありがたい限りです。

でもこの頃は、「お宅の野菜を食べていると、本当に体の調子がいい」
という言葉が、一番嬉しく感じられるようになりました。
(すこしは、成長したんでしょうか  笑)

食べてもらって、健康に寄与できるほど喜びはないですし
それが百姓の本分ではないかと思えるようになりました。

(おまけ)

昨日、新聞を見ていたら、雑誌の広告欄に「大人のオトコのプレゼント大作戦」
というキャッチがありました。
大切な人の心に必ず響くそうです。

ロマネコンティやら、ブランド店を借り切って、なんでも買い物とか
モナコGP開催時のフェアモントホテルでの宿泊やら・・・

なんでも、「出来る男はセンスもいい」らしいです(笑)

いまどき、そんなもので釣られる馬鹿がいるのか?
いや、でも、世の中金で動いていますから、釣られるんでしょうね(笑)

本当に日本は落ちぶれてしまったものです。

お金は大切ですが、お金が一番という価値観がどんどん広がったのは
やはり、小泉内閣の頃からではないでしょうか?

グロ-バル化、新自由主義が標榜された頃からではないのかなあと思います。

そもそも、昔から日本では、私心を捨て、公に奉仕するというのが
最高の価値だった。
もちろんそういう国で、力を持った国はどこにもなかった。

戦後、日本は世界でも類を見ない経済発展を遂げました。
もちろん、私達の先祖が歯を食いしばって働いたという事もある。
そして、勤勉で、優秀な国民性もあったでしょう。

でも、貿易にしても相手あってのこと
世界各国から受け入れられたのは、戦前の私達の先祖の徳があったのではないでしょうか?

「私を捨てて、公に奉仕する」 私心のもっとも核心である
自分の命を捨てても、公を守る という世界のどこの国でも見られない
素晴らしい先祖がいらっしゃったからこそ、戦後の日本が受け入れられたのではないでしょうか?

201209092227359a4.jpg

今から死にに行く、私達の先祖の写真です。

この方達の上に、私達の生活が成り立っています。



[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/18201973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2012-11-26 00:07 | 野菜栽培 | Trackback