エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

明けまして、おめでとうございます!


明けまして、おめでとうございます!

今年はいよいよ、楽天からの退店ということもあり
感慨深いものがあります。

退店まであと2週間と少し、ブログでの情報発信も
出来る限り続けます。

027.jpg049.jpg

今年の三が日は、寒くはあったものの、比較的穏やかな毎日で
野菜の発送も、ぼちぼち続けることが出来ました。

それにしても、今年は本当に寒いです。

037.jpg

例年なら、もうつぼみが見え始めているカリフラワ-もこの通り。

038.jpg047.jpg

この2株だけですが、つぼみが見え始めました。
ロマネスコと、カリフラワ-です。

とはいうものの、冬至も過ぎ、日が少しずつですが長くなってきました。

風は寒かったり、氷が張ったりしていますが
やはり、1月はもう春です。

045.jpg046.jpg

つぼみが出来始めた、タ-サイ。
タ-サイのつぼみは甘いです。

右は、もうすぐつぼみが出来るチンゲン菜。
葉っぱに光沢がなくなり、開いてきていることがサインです。

043.jpg

霜が降りたりしていますので、今もっとも美味しい時期の白菜です。

044.jpg051.jpg

その白菜も、開き始めて、つぼみを持ちつつあるものもでてきました。
多分、今年はつぼみが早いんですね。

ちなみに、白菜のつぼみは、この時期もっとも食べたい野菜です。
さっと、湯通しするだけで、そのままで美味しいです。

なので、半分くらいは収獲せずにとう立ちさせます。

白菜(に限らず他のアブラナ科の野菜もそうですが)
のとう立ち菜は、絶対に市販されていません。
ダイコンも、小松菜も、白菜もとう立ちすると全てごみです。

とう立ちさせないように作るのが栽培技術ですので
農家も、ダイコンのとう立ち菜や白菜のとう立ち菜が食べられて
なばななどよりもずっと美味しいなんて、まず、知りません。

050.jpg

これも白菜ですが、とう立ち要員です。
でもとう立ちさせなくても、こういう風に開いて
太陽の光をいっぱい浴びている白菜は、葉っぱそのものが美味しいです。

鍋物には、むしろこんな葉っぱをバリバリと食べたほうが
美味しく感じられます。

春になってきたとなれば、当然、雑草も生い茂ってきます。

029.jpg032.jpg

ほうれん草もこのとおり、完全に自然農法になってしまっています(笑)
ちなみに周りの雑草は、春の七草の一つ、ホトケノザです。

040.jpg041.jpg042.jpg

ラディッキオも同じようになっていますが
ほうれん草は、色が同じなので、雑草抜きもけっこう大変です。

ここまで雑草も大きくなると、雑草のほうが伸びるのが速いので
日陰になってしまったり、養分を吸ってしまったりで
野菜にとってはよくありません。

030.jpg

こういう風により分けながら、手で雑草を抜いていきます。

033.jpg

抜くといっても、冬草は細かい根がいっぱい張っていますので
ごっそり土ごと抜けてしまいます。

小さい野菜も抜いてしまわないように、細心の注意を払って
抜いていく作業です。

035.jpg036.jpg

きれいにした後は、こういう感じです。

ほうれん草の根本まで日が差して、いかにも気持ちよさそうでしょう。
それに、きれいです。
生命力を感じる、野菜の姿です。

ちなみに、このほうれん草、ちぎって食べると、これは美味しい。
(自画自賛です 笑)

余計な肥料分を吸っていないので、ただ単に甘いというよりも
ほうれん草の味がしっかりとあって、にもかかわらず後味がすっきりとしている
そういう味です。

そもそも、ほうれん草は、嫌いな野菜です。
石灰くさいし、後味も悪い、だからふだんそうも嫌いな野菜です。
でも好きな方も多いので、作ってみたら、やはり美味しいものです。

作り方がどうこうというよりも、(種まきして何もせずに
ほったらかしですから 笑)野菜に任せて
作ると、美味しいものです。

ちなみにこういう作り方、家庭菜園では一般的ですが
営業用ではありえません。

雑草を手で抜くなんてことをすれば、1束500円でも採算に合わないでしょう。

おまけに、寒い時期にほうれん草を出荷しても、単価は安いだけです。
だから、暖かい時期に(そのほうが成長も速く、効率的)
いっぱい温度と水と肥料を与えて、促成栽培です。

ところが、やはり冬野菜、暖かい時期では病気との格闘で
勢い薬漬けの栽培になります。

もちろん雑草は除草剤でたたきます。

そういう栽培の究極的なものが、水耕栽培、野菜工場ですね。

レタスも同じようなものです。

そもそも、葉物野菜が年中出回っているのがおかしいのです。

ちなみに、当たり前ですが、うちでは、ほうれん草はこの時期しか食べることが出来ません。
ダイコンも白菜も、あと1週間ほどで、今年の11月まで食べることはありません。

052.jpg

アスパラはここまで、枯れ枯れになってきました。

すでに、必要な低温遭遇時間もかなり消化していますので
今年は目覚めが早いかもしれません。

1週間後くらいから、刈り取る作業を開始します。

今年の春が楽しみです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/18317768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2013-01-04 17:34 | 野菜栽培 | Trackback