エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

天然ひらめ

漁協へ行って、天然ひらめを買って来ました!

f0186462_23142822.jpg


景気が良いって?
いやいやとんでもない、地代の支払いにも困るような状況ですから(笑)

昨年のアスパラも、予定の半分以下しか採れず、野菜も異常気象で
出来なかった月のほうが多かった、でも出て行くものはどんどん出て行くし・・・
で、春のアスパラ直前の今が、もっとも危機的な状況なんです。

f0186462_23175970.jpg


でも、正月に帰って来れなかった、長女が帰省してきてたんですね。
せめてうまいものでもと、買って来ました。

考えてみると、鹿児島も、本当にいいところだと思います。

実は、鹿児島は、かなり閉鎖的な土地柄で、言葉も外国語です(笑)
プライドも高いので、鹿児島のかたがたは、一様に
「鹿児島ほどいいところはない」それも、もっと閉鎖的になって
「吹上ほどいいところはない」と、信じて疑うことを知りません。
(こういう郷土愛というのは、何よりも大切なんですね。これが国を愛するということにもつながっていく
と思います。)

私自身、鹿児島生まれではないし、どちらかというと北東北の風土のほうが
好きだったかもしれません。

しかし、移住してきて10年たって、客観的に考えても
本当に、こんなにすみやすいところはないかもなあと、確信するようになりました。

気候も普通は暖かいし、人情も厚い。

温泉もいたるところにあるし、このように、養殖ものではない天然物の魚が
いくらでも手に入る。
かんぱちなんかも、鹿児島産がかなり多いですが、関東で食べるのと
こちらで食べるのとでは、まったく違います。
でも天然もののかんぱちというと、こちらでも、市内ではなかなか手に入りません。
で、味はというと、これがまったくの別物です。

そんなものが、自分のような貧乏人でも食することが出来る。

野菜は自分で作ればいいし、筍にしても、いやというほど食べることが出来ます。
天然のうなぎも、この辺の川で釣れますので、これまたいくらでももらえます。

本当に、ありがたいことだなあと、思います。

一昨日から、風邪なんでしょうか?熱が少しあったのですが
作業も急いでしなくちゃならないし、今日も、幸い朝5時に起きられたので
温泉に行って、すぐに仕事に行って、体調も回復です。
(温泉があれば、薬も要らない 笑)

おかげで、かなりはかどっています。

f0186462_234051.jpg


先日まで、このような状態でしたが

f0186462_23404093.jpg


2棟を残して、このような状況です。(これ昨年の画像です)

けっこう、炎と熱と煙にまかれながらの作業なので、汗もかきますが
それが、良かったのかもしれません。

地面の上の葉っぱはほとんどなくなりました。

これから、再度土の表面を掻き落とし
2度目のバ-ナ-焼きを行って、万全を期します。
その後来週末にも、堆肥入れです。

収獲開始は、今のところまだ、2月下旬と思いますが
ひょっとすると、もっと早まるかもしれません。

また、露地野菜は、温かい雨も降りましたので、2~3日後から
つぼみが出始めると期待しています。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/18525236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2013-02-01 23:55 | アスパラ栽培 | Trackback