エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

シロアリが!!

やっと、梅雨らしく夜も蒸し暑くなってきました。

で、この時期、鹿児島では、必ずシロアリがいっせいに大発生します。

春のアスパラがピ-クを迎えるのが、白もくれんの花が満開になったとき
そして、夏アスパラが出始めるときには、必ず、このシロアリが大発生します。

例年なら5月中旬~下旬が、その時期に当たるのですが、今年は遅れに遅れて
本日、大発生しています。

ですので、明日以降、アスパラの収穫量は飛躍的に伸びてくることになります。

ちなみに、吹上町では、例外なく、どの家も被害にあっているようです。
自治公民館など、予算の関係で定期的に、駆除できない建物は、床下が結構ぼろぼろになっていますし
コンクリ-トでも、シロアリでぼろぼろになるとか・・・

ですから、鹿児島では築何百年というような、古民家はほとんどありません。

梅雨らしくなったとはいえ、昨日からはまたまた晴天です。
肌を焼くような強烈な日照です。
例年なら、これまた5月初旬にはこういう日が定期的にあるのですが
今年は、初めてです。

f0186462_0385497.jpg


夕方の5時でも、こういう感じです。

f0186462_0394256.jpg


カライモ、やっと活着しました。
雨が降らず、3回植えなおしました。

今度は大丈夫でしょう。

品種は全て、サツママサリ、貴重な焼酎用のいもで
青果用に販売しているところは、ありません。

昨年、甘くて大好評だったので、楽しみです。

f0186462_0424049.jpg


1年ぶりの楽しみ、ピュアホワイトです。
昨年のように、大雨続きで、収穫適期に収穫できずというようなことはなさそうですが
上手く採れるかどうかは、タヌキとカラス次第です。

また、今年も無農薬なので、アワノメイガ、昨年よりも入っています。

f0186462_0453119.jpg


少しですが、枝豆でき始めました。
ただ、もう、カメムシがつき始めています。

実から、汁を吸うので、実に黒く斑点がついてしまいますが
仕方ありません。

防除するのは、薬を使えば簡単です。
ただし、虫を殺しても、翌日には又来ますので
こういう場合、残留する薬を散布しなければなりません。

で、それは自分でも食べたくないので、このままできるだけ早く
収穫してしまいます。
これまた、上手く収穫できるかどうかは、カメムシ次第です。

f0186462_0505039.jpg


ハウスは、こういう状態です。

収穫しながら、枝葉の整理をしています。

f0186462_0514248.jpg


こういうきれいなものも出始めました。

f0186462_052941.jpg
f0186462_0522366.jpg


収穫する姿勢から、葉っぱを見上げたところ。

まだ、病気がでていません。
きらきらと光って、きれいです。

乾燥していたからでしょう。
殺菌剤を散布せずに、この時期、こんなにきれいなのは、初めてです。

しかし、これからは、高温多湿になり、必ず病気がでてきます。
油断していると、2~3日であっという間に広がり
そのまま、1週間てをこまねいていると、落葉し始めます。

そうなると、8月までの収穫は見込めませんので
(上手く回復できても、そのくらいかかります)
天候と相談の上、近日中に予防的に、殺菌剤の散布をします。

f0186462_0574583.jpg


株元から上を見上げました。
このくらい、ちらちらと日光が入っているくらいが最高です。

このまま何事もなく、秋までいけるとは思っていません。

やはり、毎年、この頃から失敗しますので
ずっと気を抜けない毎日になります。

ところで、きゅうりが出来始めてきましたので
明日か、あさってに、新じゃが、ときゅうりの野菜セット、少し販売します。
トウモロコシ待っていましたが、カラスが来ているので
無事収穫できるかどうか分からず、待っていると、きゅうりが減ってくるためです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/19809536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2013-06-13 01:02 | 野菜栽培 | Trackback