エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

野菜セット

f0186462_2282446.jpg


今日の畑です。
少しずつですが、収穫できるものが増えてきています。

f0186462_2284484.jpg

今年は、イタリア野菜多いです。
これは例の、赤くなるチコリ、しゃれた名前がついていますが
忘れてしまった。というか、赤いレタスなので「昨年か赤レタス」とか呼び慣わしています。

f0186462_2294737.jpg

これまた赤レタス。

f0186462_2291219.jpg


これは、プンタレッラという野菜。
アスパラチコリとか
年明け頃に、つぼみがついて、玉のように肥大してから食べるらしい。
高級野菜とかで、一玉1500円とかで売っていたりします。

畑の一部を開放したら、アスタマさんの平田シェフが、7000円分もイタリア野菜の種を
買ってしまい、けっこうな量を播いたら、全部丈夫に苗になりました。

そのままだと、日当たりが悪くなり、全部腐ってしまいますので、苗を分散して植えることに・・・

でも、そんな面積はあろうはずもなく、とりあえず植えられるところに、せっせと植えています。

で、12月中旬ころからは、赤レタスをはじめ、珍しい高級野菜が大量に出来ます。

今のグリ-ンの葉っぱは、強烈に苦く、食べると、吐き出しても20分くらいは
苦味が口に残ります。
だから、虫にはまったく食われません(笑)

何で、イタリア人というのはこんな苦い野菜が好きなものだか・・・?

もっとも、私自身は、苦い野菜はあまり好きではなく、普通のレタスでさえも
あまり好きではないので、あまり熱心に作りたくはないのですが・・・

まあ、初めて、シェフが作ったものなので、きちんと物になるまではせわしなければと
思っています。

f0186462_2221586.jpg


これまた、イタリアのレタスのような分からない野菜(笑)

f0186462_22215772.jpg


実はこういうところに植えています。
ロマネスコの横です。

f0186462_22223774.jpg


ロマネスコも、茎が太くなってきました。

12月下旬頃には、収獲できるのではないかと思っています。

キャベツ系の野菜なので、虫がつき、葉っぱが無残になることが多いのですが
(そうなれば、うまく育ちません)
今年は、変に寒くなったりで、一分食われたりしていますが、もう大丈夫かと思っています。

f0186462_222879.jpg


やっぱり、こういうポピュラ-な、野菜がいいですね。
貧乏人なので、高級野菜は口にあわないのか(笑)

小松菜、太陽の光を存分に浴びています。

気温低下とともに、肉厚になってきて、11月下旬にお届けするものは
かなり味が違ってくると思います。

f0186462_22304536.jpg


赤カブ、間引きの最中です。

間引き菜は、茎葉が美味しいです。
浅漬けがもっとも美味しいのではないかと思います。
カブの葉っぱは、大根と異なり、旨みがあります。
それも実が大きくなるまでなので、今の茎葉がもっとも美味しい。
赤カブは、少し酸味があります。

f0186462_22344192.jpg


やっぱり高菜、これも少しずつ味が濃くなってきました。

f0186462_22352930.jpg


タ-サイも少しずつ照りがでてきました。

シナは嫌いですが、シナ野菜はものによっては好きです(笑)

f0186462_22365598.jpg


第一弾で残った、カ-ボロネロ、第二弾は今週末に大定植大会です。
第一弾ものもは、来週辺りから少しずつ、摘み取っていこうと思います。

これまた、高級野菜ですが、軽く茹でて、細かく刻んで、鰹節と醤油で
おひたしにすると、とっても美味しいです。

f0186462_22392764.jpg


本日の発送は3件、2時間ほど畑を回って、軽く水で洗って袋詰め
家にもって帰って、1時間ほど冷やし、箱詰めして、発送です。

少しずつ、野菜セットらしくなってきて、一安心です。

来週からは大根や、赤カブが、下旬からは白菜が参戦です。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/20716747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2013-10-29 22:46 | 野菜栽培 | Trackback