エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

アスパラ、その後

アスパラハウスのバ-ナ-焼き、2度焼きに入っています。

ようやく明日で、全て終了する予定です。
1日10時間以上、熱気と煙との戦いが明日で終わりです。

f0186462_22391089.jpg


以前の写真ですが、バ-ナ-焼きに使っている灯油バ-ナ-です。
ホ-ムセンタ-などで打っているものとはものが違います。

コ-ルマンのツ-バ-ナ-と同じように灯油をガス化して炎にします。
(あちらはガソリンですが)
まあ、火炎放射器のようなものです。

ですから、火力がとても強いのですが、うまく扱うにはコツがいります。
小さなごみでも入ると、うまく燃えませんし、予熱するにもけっこう気難しい機械です。

ですが、それだけ火力が強いので、作り自体は頑丈かつ精密で
素材自体もいいものを使っています。

パイプ自体も削りだしのものですし、先の筒も、分厚い鉄になっています。

ですから、手にもって扱う部分の重量だけでも、約8キロあります。

f0186462_22471222.jpg


こういう体勢で焼いていくのですが、先の部分を少しずつ移動させながらの作業です。
50メ-トル焼くのに、大体1時間かかります。

ですので、腰も痛くなるし、肩から先は、いたるところがもう痛くなっています。
寝ていると、肩から先がしびれて、感覚がなくなるようになっています。
(久しぶりですね)

今年も、これを2回繰り返しましたので、表面にある病原菌や胞子、虫の卵や雑草の種があれば
(これはあまりないと思うのですが)完全に焼ききっています。

時間と労力が必要な作業ですので、バ-ナ-焼きをする農家は、いまやほとんどいなくなっているようです。

もっとも、露地だと、刈り倒して、そのまま畝の上で焼却すれば
地上部の処理も、消毒も一挙にできて、すごくいいので
そういう点はうらやましいなあと思います。
(ハウスでそれをすれば、ハウスが燃えます 笑)

バ-ナ-焼きが終われば、今度は堆肥6トン入れることになります。
クライマックスです。

ところで、アスパラは今のところ、ほとんど出ていません。
5割くらい、休眠明けして、出始めた段階で、販売の予定です。

f0186462_22572517.jpg
f0186462_2257332.jpg
f0186462_2257436.jpg


こんなんに、なりました。

一番かわいい時期です。

(おまけ)

都知事選、思ったような動きですね。

5000万貰ってクビにした後釜に1億とはギャグですね。

もうタモさん、一択でしょう。

都知事ですが、軍人を選んだとなれば、世界各国も、ようやく日本もまともになったかと
見直されることでしょうし、シナもおいそれと勝手なことは出来ないでしょう。

少なくとも、いつ大地震が起こるかというときに、左翼がトップにいるとろくなことがない。
阪神大震災でも先ごろの伊豆大島でもそう、国家観というか、公共心のない者が
トップにいると、死ななくてもいい人が大勢犠牲者になってしまう。
三陸でもそうです。
あの、たくさんの児童がが犠牲になった小学校も
日の丸も掲揚しない、国歌斉唱もしないという学校だったそうです。
その他の学校では、全く犠牲者が出ていないというのに・・・

多分、いざとなったときに、人の命を預かる身として、何を最優先にすべきか
ぶれない判断が出来ないのではないかと思います。

都知事になりたい人よりも、都民のために何をしたいかということがはっきりしている
タモさんにかつやくしてほしいものです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/21270010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2014-01-13 23:18 | アスパラ栽培 | Trackback