エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

春アスパラ、販売開始します

f0186462_21453615.jpg


アスパラ準備、最終局面です!
堆肥散布後、肥料と微生物資材をまき、管理機で浅く耕しました。

後は、畝を整えることと、潅水ホ-スの設置、ネットを元に復元して
ハウスを閉めるのを待つばかりです。

まだ出ていませんが、今日からの暖かさで、かなり目覚めてくるのではないかと思います。

例年、2/20辺りからの収獲開始ですが、今年は来週にも収獲することになるかもしれません。
ということで、明日からご注文いただけるように、準備する予定です。

前にも書きましたとおり、今年は、いつまで収獲できるか分かりません。
多分、昨年よりも短めで切り上げて、立茎にはいると思います。

ですので、複数回セットは2回セットと3回セットのみになります。

また、2月初旬から収獲開始、発送とした場合、ク-ル便で送ると
間違いなく、凍結事故が頻発します。
例年、2月中で2~3件、3月に入ってからも1~2回、凍結事故があります。

2月初旬は、特に朝収獲したものは、品温自体が、低いため、芯まで冷え切っています。
ということで、2月中旬までは、気温の状況を見て、ク-ル便ではなく常温便でお送りすることがあります。
もちろん、常温便でお送りしたがための傷み等につきましては、全て再送させていただきます。
多分、凍結事故による再送件数よりも少ないと思います。
その点、例年と違いますので、お含み置きください。

また野菜セットの定期購入の会員様につきましては、メ-ルにてご注文いただくことも可能です。
(多分そのほうがいいと思います)

まだ、全く出ていませんので、なんともいえませんが、例年と同じレベルのものが
収獲できるのではないかと思います。

f0186462_220798.jpg


野菜セットですが、もうそろそろ、つぼみに時期になって来ました。

チ-マディラ-パも、アスパラ菜も、そろそろ終わりです。
大根、白菜、葉物野菜も、この暖かさで、一気にとう立ち準備を始めると思います。
そうなると、葉っぱ自体は美味しくなくなり、ものによっては、虫に食べられないように
苦味が出てきます。

新しいものとしては、ブロッコリ-とロマネスコがあるのですが・・・

f0186462_2233396.jpg


ブロッコリ-はまだ小さく

f0186462_2245880.jpg


でも、つぼみは出来始めました。

f0186462_2253267.jpg


期待の、ロマネスコ、連日の霜で、少しへな~っとなっています。
マイナス5度まで冷え込む日が続きましたので、仕方ありません。

f0186462_226690.jpg


もう、つぼみが出来ていてもいいのですが、葉っぱをめくっても
全く出来ていません。
できないということはないと思っていますので、待つしかありません。

ということで、種類も少なくなる一方なので、ロマネスコのめどがついてから
2月分の野菜セットの販売をしたいと思います。

f0186462_2210676.jpg


子犬は5匹になりました。

ぴょんぴょん跳ね回って、けっこう大変ですが、可愛いです(笑)

(おまけ)

都知事選もいろいろとあったり、食品テロ、船舶テロもあったりと
けっこう大変な世の中になって来ました。

でも相変わらず、中韓に都合の悪い報道、国内の反日勢力に都合の悪い報道は
一切されないようです。
もっとも、、地上波は観られないですし、衛星も含めてほとんどテレビは観ていません。

子供のときに「テレビばっかり観てたら、あほなんで!」といわれましたが
そのとおりですね。
昔の人のいうことは、本質を突いています。

「うそつきは泥棒の始まり」とも言いますが、まさしく周辺国を見渡したら
そのとおりですね。

面白いものを一つ

嘉手納町議会で可決されたとのこと

米軍F-22Aラプター戦闘機の嘉手納基地への
常駐的配備に反対する意見書
米空軍は平成26年1月14日、米バージニア州ラングレー基地所属のF-22Aラプター戦闘機12機と兵員約300人を嘉手納基地に暫定配備すると発表し、同日中に9機、残り3機が15日に飛来してきた。
F-22Aラプター戦闘機の暫定配備は、平成19年2月の初配備以降、今回で8回目となり、継続的に実施されてきた。昨年も1月から9ヵ月間の長期にわたり配備が実施され、まさに常駐化と言わざるを得ない。
現在、嘉手納基地は常駐機のF-15イーグル戦闘機のみならずFA-18ホーネット戦闘攻撃機、AV-8Bハリアー攻撃機等の外来機が飛来しており、飛行訓練は過密化し、騒音激化や戦闘機事故の危険性は増大している。
これまで嘉手納町議会は、同戦闘機の嘉手納基地への一時配備計画が浮上してきた当初から、一時配備が繰り返されるうちに配備期間の長期化及び常駐化に繋がることを懸念し強く反対してきた。周辺住民の忍耐はすでに限界に達しており、これ以上の基地機能強化、基地被害の増大に繋がる一切の配備を断じて容認することはできない。
よって、嘉手納町議会は町民の生命、財産及び安全、平穏な生活を守る立場から、関係当局に対し厳重に抗議するとともに、下記事項の速やかな実現を強く要求する。

1.F-22Aラプタ-戦闘機の嘉手納基地への暫定配備を即時中止し、同部隊を即時撤去すること。
2.F-22Aラプタ-戦闘機など外来機の飛行訓練は、いかなる理由があるにせよ中止すること。
3.嘉手納基地の負担軽減を速やかに実施し、これ以上の機能強化をやめること。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
平成26年 1月22日
沖縄県嘉手納町議会
(あて先)
内閣総理大臣 外務大臣 防衛大臣 外務省沖縄大使
沖縄防衛局長 沖縄県知事

ラプタ-名指し、いきなりですか?(笑)

ラプタ-が配備されて困る国はどこなんでしょう、と考えると
どの国から、お金が出ているんだろうとか・・・、ばればれですね(笑)

ちなみに、ラプタ-、現存する航空機では無敵です。
これが50機もあれば、中国空軍は壊滅します。
そのくらいの、戦闘機です。

沖縄が、中国に盗られるといえば、信じない人のほうが圧倒的に多いですが
自体は、かなり深刻なところまでいっているようですね。

まあ実際、シナ自体が、「沖縄は中国のもの」と主張していますから
盗れるとなれば、間違いなく盗りにきますね。

オスプレイもそう、あの国にとっては都合の悪い航空機です。
反対派というのは、工作員なんですね。
沖縄では、地方議員もほとんどが、手に落ちているらしいですね。

その反対派を、お金で丸め込もうとしてきたのが
そもそもの間違いです。
反対すれば、お金になるのであれば、だれでも反対する。

本来は、国策に協力的な賛成派には飴を、反対派には鞭でよかったんですね。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/21327240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2014-01-25 22:32 | アスパラ栽培 | Trackback