エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

やっぱり、ダメか?

本日、アスパラの凍結事故のご連絡を2件!いただきました(涙)

50件ほどお送りしたなかで、すでに3件発生しています。
東京が2件と浦安が1件。

大雪以来の低温が影響しているのかもしれません。

例年は4月までで、2~3件ですので、危惧したとおり
このまま行くと、今年は10件を軽く超えそうな勢いです。

もちろん、まだ出始めたかどうかという時期ですので
何度でも、送りなおしは出来ますが、この頻度で3月まで続くと
最も美味しいときのアスパラを逃してしまうことになりますし
やはり、私のほうもがっかりです。

そこで、ヤマトさんと再び対策を検討した結果
3月上旬~中旬までは常温便でお送りすることにしました。

ヤマト運輸での保冷庫の構造がステンレス張りの保冷庫の床面の内部に
冷却パイプが通っていて、面で冷やすようになっていて、内部の冷風を天井のファン
で循環させるようになっているとのことでした。
ちょうど、真ん中辺りで温度を測り、規定の温度になるように設定しているのですが
床におかれたり、壁に接してしまったりすると、長時間だったら、やはり凍結の可能性が
あるらしいです。

もちろん、外気温の低さも大きく影響しているに違いありません。

うちの保冷庫の場合でも、現在は設定温度は10度ですが
外気が1~2度まで冷えるこのころは、朝開けると、中の温度計が7~8度になっています。

実は、今お送りしているアスパラは、凍結の可能性もあるので、ほとんど予冷していません。
通常は収獲して2時間ほど水につけ(その間、伸びようとして発熱します)
その間は、予冷をかけます。

今は、保冷庫に入れずに常温のまま2時間置いています。
それを、長さを揃えて切り、選別して袋に入れ、プチプチで巻いて箱にいれ
ヤマト運輸の営業所に持ち込みます。
それを、箱の外からプチプチで2重に巻いています。
(今までは1重でした)

もう外気の影響はほとんど受けないような断熱になっているはずで
アスパラ自体もほとんど冷えていない、そういう状態で凍ってしまうのなら
少し打つ手がないのかなという気がしています。

例年、本格的に発送をはじめるのが3月上旬、それでも凍結事故は上旬に発生したりしますので
今後は、完全に暖かくなるまでは、常温便でお送りすることにしました。

アスパラも逆に予冷をかけ、少しでも冷えたままお届けできるように
したいと思います。

調べてもらったところ、長距離を走るのはもちろん夜間が多く
配送センタ-においても、直射日光が当たるような場所に荷物をおくことは
まずないとのことでした。

また今、日中走っている配送車においても、荷物室が熱くなったりということは
関東の晴天でもほとんどないとのことでした。

ですので、今後しばらくの間は、常温便での発送になります。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

これで、凍結の恐れはなくなりますが、万が一、蒸れたりして異常がある場合は
凍結のときと同様、速やかにご連絡ください。
ヤマトさんにもお手数ですがご連絡をお願いします。

これもまた、原因をできるだけ突き止めねばなりませんが
原因はどうあれ、代品はお送りいたしますので、その点、ご安心ください。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/21460067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2014-02-22 02:03 | アスパラ栽培 | Trackback