エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

マムシ

明日から久しぶりに雨が降り、少し気温も低下しそうですので
アスパラも回復に向かうと思われます。

曇って日差しがないだけでもかなり違ってきます。

たぶん、その影響はあさってあたりから出てくるはずですので
それにあわせて、栄養剤などの葉面山王を行っています。

現状、まだ9割以上が規格外、よろよろとしていたり、はかまが鋭角になって
浮き上がっていたり、穂先スペシャルの商品画像のようなものばかりですので
いまだ、発送は見送っていますが、来週あたりから再開できるようになるかもしれません。

ところで、先日うちの犬がマムシにかまれたと書きましたが
今度は、知り合いのおばあさんが、指をかまれたとのこと。
肩まで晴れ上がってしまっているとのことですが、命には別状なく
とりあえずよかった、よかったです。

どうも、今年は車で走っていても、蛇もよく見ますし
マムシも多いようです。
用心用心です。

もちろんマムシを見かけたら、その場で必ず退治する(殺す)というのが鉄則です。
見かけたときに退治しておかないと、後々危険だからです。
今なら、夕方以降の涼しい(今年は涼しくもないですが)道路に涼みに着たりもするんですね。
暗いと間違って踏んだりしてかまれることもよくあるようです。

だから、都会でよくある「蛇を殺すとたたりがある」なんて悠長なことは言っていられません。

マムシ以外にも、スズメバチも平気で飛び回っていますし(以前、5箇所刺されました)
その他、害虫もいますから、自然というのは危険と隣り合わせです。
都会にいると、それこそ、命にかかわるような危険とは、一線を画すことができますが
平和ボケしないだけ、田舎のほうがいいのかもしれません。

国際情勢も、ここにきて一気に進んできましたね。

やはり、第三次世界大戦は必ず勃発するように思います。
それも遠からず・・・

ひょっとすると、すでに始まっているのかもしれません。

中東で、戦火が広がってきたとき、さすがの米軍も出動でしょう。
となると、アジアまで手が回りません。

それを黙って見過ごすようなシナではありません。
必ず、わが国を標的にくるはずです。

でなければ、国内がもう持たず、権力闘争もすでに、内戦レベルにまであがってきているようです。

それこそ第三次世界大戦ともなれば、前に対戦の比ではないでしょう。
世界の火薬庫「バルカン半島」では火がついていますし、中東もどんどん燃え広がってきています。

前の対戦では近代国家同士の戦いでしたが、今度は、シナもいますし、イスラム勢力も一大勢力
アフリカも・・・

「国連で人知を集めて」と楽観的に考える向きもありますが
損なのは幻想です。
国連なんて、単なる議場に過ぎず、国際社会の良識なんてものは存在しません。
というよりも、「国際」と考えているのは日本人だけで
単なる戦勝国連合なわけで、何の役にも立ちません。

また、「日本だけは巻き込まれないようにしよう」というのも身勝手な考えで
教室内で大乱闘が始まろうとしているときに、「俺は知りませんから」と
逃げを打てば、それこそ、全員がとりあえず結束して袋叩きにするはずです。

どちらにせよ、起こるものは起こるで仕方ありません。
国家レベルでも、今度は負けることなくと願うばかりですが
個人レベルでも、そろそろ、食料の算段を考え始めたほうが
いいように思います。

農家がまだ元気で、自給率も高かった前回でも、都市部では食べるものがなかった。

今度は、恐ろしいことになりそうです。

ということで(?)
毎日、ハウスで収穫の際に、軍艦行進曲や、分列行進曲を聴きながらの作業です。
これが実に、気持ちがよろしい。
戦前というのは、本当に暗くて貧しい時代だったのか?
どうも、違うようです。

新聞もテレビも見ないためか、どんどん目がさめています。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/22647653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2014-07-31 02:47 | アスパラ栽培 | Trackback