エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

野菜とアスパラ

今日の状況です。

f0186462_002681.jpg
f0186462_02695.jpg


かなり、緑色になってきました。

先週は、というと

f0186462_024292.jpg


こういうような状況でした。

f0186462_022596.jpg


出てくる芽もきれいになっていますが、最低気温が低くなり
量はもちろんのこと、かなり細いものが多くなってきています。

たぶん、あと4~5日で終了になるかもしれません。

芽が出なくても、地上部は光合成をしますので、その養分はすべて地下の貯蔵根に蓄えられます。
12月下旬まで、光合成は続きますので、その間に蓄えた養分が、来年を決定します。

だから、これからの2ヶ月間は、いかに地上部を緑色に保つかということが重要になります。

もっとも、11月中旬になれば、害虫も心配ないですし、病気も広がったりする温度帯ではなくなりますので
これからの1ヶ月間が正念場となります。

この回復状況を見ると、10%くらいは安心しています。

アスパラガスというのは、2月から10月初旬まで毎日収穫が続き、地上部がある4月以降の6ヶ月間というのは、全く気を抜けません。
毎日収穫する作物でも、失敗したとしても、その当年だけですから、来年はがんばろうということができます。
ところがアスパラの場合は、いったん失敗すると、翌年はもちろん、翌々年まで影響することが珍しくありません。
たとえば病気が広がってしまうのが9月初旬ならまだ打つ手もあるのですが、(今年がそうでしたが)
10月になってからじわじわと病気が広がり(ちょうど病原菌が元気になる温度帯になります)
10月下旬に落葉してしまうと、もう来年は全くだめになってしまいます。

だから、ここ数週間はいろいろと大変だったのですが、まあ、何とかいけるのではないかと
少しは楽になっています。

台風が行った後は、急速に気温が低くなるようで、これを境に今シ-ズンも終了です。

今年のシ-ズンは、今のところ、65点くらいの出来だったかなあと思います。

f0186462_0195658.jpg


ジャガイモです。
少し成長が遅いかなあという感じです。

f0186462_0191828.jpg


アスパラ菜、これも今年は少し遅いです。
2週間後くらいから収穫でき始めるかもしれません。

f0186462_0211868.jpg
f0186462_0211545.jpg


雑草をきれいにして、3回目の種まきです。
今度は、大雨もしばらくなさそうですし、虫も少なくなりますので
ものになりそうです。

ちなみに、現在まいたものは、青梗菜・小松菜・水菜・高菜・こぶたかな・春菊、青梗菜・タ-サイ
大根・白菜などです。
収穫できるのは、11月以降ですから、これまたかなり遅れています。

まだまだ雑草をきれいにして、どんどん他のものをまいていきます。

(おまけ)

国際的に、動乱の度合いがどんどん増していってますね。

たぶん、地上波では、御嶽山一色、それも、葬儀やらなにやら、もうどうでもいいことばかりではないかと思いますが、それこそ、ウクライナやらシリア情勢、香港のデモのほうが数倍影響があるのではと思います。

異常な日本のメディアですから仕方ないとは思いますが・・・・

以前、第三次世界大戦が始まるでしょう。などと書きましたが、もう始まっているのかもしれませんね。

ただ日本だけで考えると、いまだに戦後ではなく、戦争が継続していると考えたほうが的確かもしれません。

戦争というのは「武力を使った外交」なわけで、その外交目的を達成するまでは終わらないと考えたほうがいいのかもしれません。

前の戦争での連合国の目的はなんだったのか?

これは領土をとるとか、従属国にするとか生易しいものではなかったと思います。
それこそ、日本消滅、これが目的だったのでは?と思います。

民族を滅ぼすには、武力は要らない。言語と歴史を変えてしまえばいい。とはよく言われることです。
要は、「民族としての誇り」をもてないようにすることです。

それを行うには、国民の意識を変えることが必要になります。
そのためには、その国に深く入り込むことが必須です。

だから、連合国にとっての戦争は8/15に終わったわけではなく、それからが本番だったのでしょう。
8/15は、日本国内に大手を振って入り込むことができた日です。
いわば、トロイの木馬から出てきた兵士が城門を開けた日ではないかと・・・

そしてそれ以降は、すべての分野にわたって徹底的に、日本が破壊されていきますが
その第一弾が、「WGIP」ではないでしょうか?
「この戦争の責任はすべて、野蛮な日本にあり、どれだけひどいことをしたか?」それを
日本国民に徹底的にすりこみ、洗脳していったわけですね。

そして、それは今でも続いている。

それを、メディアの部門で行ってきた代表格が朝日新聞でありNHKだったわけですね。

とにもかくにも、「日本が悪い」としていたほうが、当時の戦勝国にとっては都合がいい。
もっとも、現在の北京政府は「戦勝国」でもなんでもないわけですが・・・
(日本は中共とは戦っていません。サンフランシスコ平和条約に招かれたのは蒋介石ですね。
そもそも、建国そのものが戦後ですから。何で常任理事国なんだか・・・)

韓国にしても同様、そもそも、戦争中は日本だったわけで・・・

ともあれ、まだまだ戦いは続くでしょうし、その前に、国際的に大きな動乱に入っていきそうですね。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/23055923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2014-10-04 01:19 | 近況 | Trackback