エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

なんとまあ!

明日あたりから、少しずつアスパラの作業に入りますので、それまでにと思い
山下さんのところに、シイタケを見に行ってきました。

f0186462_1132526.jpg
f0186462_1124932.jpg
f0186462_1134275.jpg


ありました!ありました!

少し、ピ-クは過ぎたのですが、まだ採れているとのこと。
で、上の画像のシイタケは、売り物ではないんです!
驚くことに!

直販、ならびに直売所に出していらっしゃるんですが、すべて売り切れるとのこと。
上のものは、直売所でもまあ出したくないなあというものとのこと。

消費者としてみれば、これで十分というところじゃあないでしょうか。

一方、生産者としてみれば、こういうのって、分かります。

うちでもアスパラの穂先が開き始めたようなものというのは
出しませんし、アスパラとしてみることができないんですね。

ともあれ、山下さんのところで、シイタケをご注文の際には
どういう用途で、どのくらいの大きさ、程度はどういうものでいいのか?
(鮮度は、その日収穫したものしかありませんので、大丈夫です)
というようなことを伝えていただいたほうがいいかと思います。
見てくれが少し落ちれば、その分、量が多くなりますから。

ちなみに、山下さんから見た「きちんとしたシイタケ」というのは
開いていないもの、どのくらいまでかというと
一番下の画像の真ん中、最も右にある白い衣を着たような
きれいなもの、これが、もう開いてしまったものとのことです。

聞けば、11月にピ-クがきて、そのときには採りきれないくらい
しいたけが出たとのこと、乾燥機もいっぱいで乾燥もできず
(12時間とかかかりますので)
開ききってしまったものが、いっぱい採れたそうです。
店頭などでよく見る、全くかさの部分が水平に開いたものですね。
一日置いて乾燥しても、そういうものはシイタケチップのようになって
あまりおいしくないので(そういうので十分と思いますが)
そのまま、乾燥せずに、捨ててしまったとのこと!!

そのときは、軽トラ半分くらいのものを捨ててしまったようです!!

まあ、なんと、もったいない!
言ってもらえれば、すべて私が買い取ったのに・・・と思いました。
(11月は野菜がないので、困っていましたし)

多分、今後2月と3月にピ-クが来るであろうとのこと

お買い求めの際には、たとえば、「どんなものでもかまわないので
送料込みで5000円分送ってください」とかいうご注文もいいかもしれません。

決して、食べられないものや傷んだものを平気で送るというような
ことはしない人ですので。

とにかく、菌床ではなく、原木で、紛れもない鹿児島産の採れた当日のものを
直送ですので、値打ちはあると思います。

ちなみに、前にも書きましたが、うちのアスパラでも植え付けて2年後に
とんでもなく採れたことがありました。
(残念ながら、この頃はないのですが・・・汗)

春や夏の最盛期には、アスパラは10aあたり20~25キロくらい収穫というのが普通です。
で、最もピ-クの時には30キロというのが、日本中で最も採る生産者の収穫量です。
それを、肥料とか水とかでコントロ-ルして、できるだけ長く続けるのが
技術なんですが(その代わり、おいしくなくなりますが)

うちではその3倍の面積ですので、ピ-ク時の理想は、一日に60キロというところです。
悲しいかな、近年は40キロくらいにとどまっています。
(今年は少し回復できるかなと、期待しているのですが)

話を戻すと、そのときには10aあたり、80キロも採れたんですね。
朝夕2回の収穫ですが、普通なら1回の収穫につき収穫2時間、カットで2時間
一日合計で8時間というところですが、そのときは、収穫が進まない進まない!

早朝から収穫しても、午前の収穫が終わるのが12時過ぎ、持って帰って、カットして
その途中で、午後の収穫に行き、日没過ぎまで収穫しても、全部終わらず
三分の一は翌日に持ち越し、で翌日はもっと早くから収穫ということがありました。

それでも、すべてカットが終わるのが、午前一時過ぎ、そのときはJAを通じての
出荷だったので、カットしてサイズ別に持ち込めばOKだったので
現在のように、発送作業も、市場に持っていく手間も、結束する手間もなかったので
救われたようなものです。

翌日に持ち越すと、延びすぎてしまいますので、穂先が開いてしまうんですね。
ですので、結構捨ててしまったこともありました。

伸ばしてしまうと、株疲れになりますので、そのときには「誰でもいいから、ただで持っていっていいから
収穫してほしい」と思ったものです。

まあ、そんなことはあとにも先にもなかったので、いいのか悪いのか分かりませんが・・・・

シイタケも、翌日になれば、どんどん開いてしまいますので
多分そういうことになったのだと思いますが
毎日収穫しなければならないものは、天候によってはそういうこともありますので
事前に、無選別でど~んとお送りできるところがあれば、生産者としては
とても助かるものです。

原木しいたけのヤマシタ

電話あるいは、FAXでのご注文も可能です。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/23538664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2015-01-11 02:06 | 近況 | Trackback